FC2ブログ

安倍首相は中国・韓国外交を明確にすべきである!

安倍首相は中国・韓国の首脳との会談を呼び掛けている。これに対し、中国は尖閣諸島の問題と靖国問題での譲歩を求めている。尖閣問題では領土問題の存在を認め、棚上げを提案しない限り中国は引かないであろうし、靖国参拝問題では右翼の安倍首相は参拝しないとは言えない立場にある。この2点を曖昧な形にして習近平の中国が首脳会談に応じるとも思えない。

韓国のパク・クネ大統領は従軍慰安婦問題での日本の前向きな対応を求めている。経済的に韓国が危機にある中で、パク・クネ大統領は「反日」でかろうじて支持率を維持している。つまり日本の償い金を狙いとする韓国側の譲歩は望めないのである。右翼政治家の安倍首相も従軍慰安婦問題では朝日新聞が誤報を認めたこともあり「解決済み」の立場を変えにくいのである。

つまり安倍首相が首脳会談を呼び掛けるのはポーズだけのように日本国民には見えるのである。ポーズだけでないのなら中国政府の言う尖閣諸島の問題と靖国国問題で安倍首相が譲歩を見せなければならない局面にある。安倍首相が、中国政府がAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の成功の為日本に譲歩する可能性があるので、それが狙いの会談なら、関係改善にはつながらないであろう。もし日中会談を先行させて韓国を政治的に孤立に追い込む狙いなら、安倍首相の外交が国際的にも姑息なものに評価されることになるであろう。

つまり安倍首相は中国と韓国と日本の関係改善を目指して首脳会談を呼びかけるのなら、大胆な譲歩案の検討が必要である。相手側が求めている譲歩ができないなら安倍首相は首脳会談を呼び掛けるべきではない。つまり安倍首相に求められているのは、日本の指導者として歴史認識と賠償問題、さらには領土問題の棚上げで責任ある見解の表明がなされるべきであろう、という点である。

この意見表明は必ずしも全面的譲歩でなくとも、筋が通っていることが必要である。記者会見か?もしくは国会の場で、是非とも中国・韓国外交を明確にして欲しい。避けなければならないのは中国と韓国を分断するような姑息な外交は取るべきではないということだ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治