FC2ブログ

アメリカに逃げ出す中国「新富人」!

中国では一党支配の政治権力を利用して地上げをして国有財産を横領した「新富人」と呼ばれる新興ブルジョアがたくさん生まれている。彼らは共産党幹部の一族である。彼らの心配・悩みは「左」の風が吹き「造反有理」のスローガンがいつ巻き起こるか解らないことである。

中国共産党の歴史は右派から左派へ、左派から右派へと絶えず路線闘争が巻き起こり、今回は左の順番である事だ。「何事も極まれば反転する」とは毛沢東の言葉である。中国人であれば現在の中国の政治・経済=資本主義化が極まりつつあることを肌で感じているのである。

今アメリカの高級住宅街に年間2万人の中国人妊婦が押し寄せている。アメリカ議会は1990年時限立法で投資移民制度を作った。この制度を利用して100万ドル(=約1億円)~50万ドルを投資し、アメリカ人10人を雇用したら、ビザが与えられ、将来永住権も与えられ、アメリカで出産すると、生まれてくる子供にはアメリカ国籍が与えられる。

こうした中国「新富人」の投資移民が年間2万人に(中国「国際金融報」)達するという。いいかえると中国走資派指導部の一族が、自分たち一族の血と富を国外に避難させているのである。こうして国有財産を横領した資金が中国から流出する事になる。

習近平指導部が「反腐敗」と称して派閥争いで粛清していることも「新富人」の不安を高めている。地方で年間40万件も起きている民衆の暴動も彼らの不安を一層高めているのである。つまり中国走資派指導部は自分たちの将来に対する明るい見通しを持てない状態に有るのである。

影の銀行を通じてあつめた膨大な資金の投資は、巨大なゴーストタウンばかり出来てしまい。やがてバブル崩壊が近づいているのである。資本主義化で国有財産を横領した「新富人」達が未来を見通すことができないほどに走資派指導部の権力が危ういということである。

中国覇権主義の敵国であるアメリカが、中国からの流出資金で潤うのであるから米・中の「新大国間係」とは、極めていびつで、決して長くは続かない関係と断言できるのである。中国の激動が迫っているのである。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治