FC2ブログ

なぜタイでクーデターが起きるのか?

タイは王制の国で複雑な王侯貴族階級が特権層を形成している。王侯貴族階級はつまり地主階級である。これに対し貧困な農民や商売人はいわゆる「タクシン派」であり、この政権が改革をやれば王侯貴族階級=地主階級の既得権と対立する事になる。

この二つの階級が対立し、抗議行動が長期化すると軍が軍事暫定政権を作って両派の調整役をはたすと言うのがタイの政治の特徴である。つまり一般的に軍事クーデターによる軍政は地主階級と資本家階級の対立の調整として生起するのである。

日本でも戦前軍事政権が生まれたのは地主階級と資本家階級の対立が背景にあった。それ故戦後アメリカ占領軍は戦後改革で(=農地改革で)地主階級を廃止し、自作農化で農村を資本主義の市場にして経済の復興を図ったのである。

つまりタイの軍事クーデターは古い王侯貴族(反タクシン派)の既得権層と貧困層の市民・農民(=タクシン派)の矛盾を背景にしている。タイは社会的にはブルジョア革命の局面にあると言える。王侯貴族制度を背景とした地主制度は小作人を支配下に置いている。従って農村は日本の戦前のように自給自足の経済であり、資本主義が発展すれば鋭い階級対立となる。

つまりタイにおける軍事政権は資本主義の発展(貧困層の市民・農民)と、古い王侯貴族階級(=地主階級)の矛盾なのである。日本においては戦後GHQが地主階級を解体したことで資本主義が理想的に発展する改革が行われ、従って現在の日本は戦前型の軍政=軍国主義の経済的基盤は無くなっているのである。

従って現在韓国と中国が叫んでいる「日本軍国主義の復活」批判は戦前の日本軍国主義の過ちを利用した、償い金欲しさのたわごとなのである。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治