fc2ブログ

アメリカの金融緩和はもろ刃の剣だ!

アメリカ経済が、かっての日本のように「失われた10年」に入りつつあるので、オバマ政権は巨額の金融緩和策を発表した。それは6000億ドル(約49兆円)の長期国債をFRBが購入する形で金融資本に資金を供給するものである。この資金は世界中で投機に使われアメリカ金融資本が利益をかき集めることになる。
今後発展途上国でインフレとなり、経済が混乱することになる。またドル安か急速に進行し日本は円高に見舞われる可能性がある。
つまりアメリカは金融緩和で国際経済をかく乱し、孤立していくことになるであろう。
欧州の国家的金融危機は続いており、アメリカも景気の回復はほど遠い、世界の経済の牽引役は途上国なのに、アメリカはそこにドル資金(投機資金)を大量に垂れ流すことになる。今後途上国経済の行方が注目される。
オバマ政権がトヨタ叩きを行ったことで、日本企業はアメリカへの投資を控えており、アメリカの不況は長期化する可能性がある。
今後アメリカの投機で世界経済がかく乱されれば世界的経済危機の再燃が懸念される。
オバマ政権は、アフガニスタンに戦車を投入するが、ゲリラ相手に戦車が戦局を好転させるとも思えない。
中間選挙の敗北で、アメリカは医療保険の廃止をめぐり国内対立が今後深まるであろう。
アメリカが経済危機なので、北朝鮮の軍事的挑発は成功しないと思われる。アメリカが北朝鮮に「今回はご褒美は与えない」と言っているのは、アメリカに余裕がないのである。
内外とも困難にあるオバマは1期で終わる可能性が強くなったと言える。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治