FC2ブログ

新世紀ユニオン委員長の声明!

<日・韓の民族排外主義的悪循環を断ち切れ!>
韓国のパク・クネ大統領の反日攻撃は異常だ。中国語を話すこの中国好きの大統領は日本の国民の心を傷つける事に生きがいを見出しているかのようだ。その結果日本人の右傾化が段階を画して進んでいる。それはたぶんに中国の「反日統一戦線」に韓国が取り込まれた結果である。中国と韓国は民族排外主義を煽り、いたずらに民族的対立に高めるべきではない。

日本の世論の右傾化は、韓国・中国の反日運動の結果である。それを見た日本の右翼政治家が、靖国参拝や教科書の改ざんや、日の丸・君が代の強制で自己の政治基盤の拡大を図る。この事がさらに韓国・中国の反日を強める。この一部政治家の民族排外主義の悪循環が、在日の人達を圧迫する事になっているのである。

新世紀ユニオンには、在日韓国人の組合員やサポーター組合員がいるが、彼らは韓国人であるということで酷い賃金差別や、国籍差別を受けている。在日の全ての人が不当な民族的抑圧を受けているのある。日本人は恥じるべきである。相方の政治家が反日運動や右翼的運動を政治利用する悪循環を断ち切る事が真に必要である。

靖国神社はA級戦犯の合祀をやめるべきである。売国的右翼政治家が民族派を偽装する事に靖国参拝を利用出来なくすべきである。韓国・中国は国民の批判を外に向ける為の反日運動を利用すべきではない。日本の国民の韓流ドラマの人気は衰えていないのに、なぜ政治家がいたずらに対立を煽り、政治利用するのかを考えなければならないのである。

韓国も日本も、対米自立こそが民族的悲願であるのに、なぜ両国が憎しみ合わねばならないのか?政治家どもの民族排外主義の策動にのせられてはいけないのである。両国の労働者は野蛮な搾取との闘いの為に団結すべきである。韓国人民は、中国政府の翼賛・従属化の「反日統一戦線」の陰謀に載せられるべきではないのである。

日本人の宗教観は儒教ともキリスト教とも違う事を、外務省は諸外国にキチンと説明すべきである。首相が靖国に参拝しても、日本が軍国主義になるわけでもない、国家神道はすでに消滅しているのである。それなのにあたかも旧日本軍国主義が復活するかのごまかしは右翼政治家を利するだけであり、やめるべきである。新世紀ユニオンは日本・韓国、両国の民族排外主義的悪循環を断ち切る事を呼び掛けるものである。

2014年1月7日   新世紀ユニオン執行委員長 角野 守
スポンサーサイト



テーマ : 日本と韓国 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治