FC2ブログ

憲法9条を絶対視する法的観念論を克服せよ!

「憲法9条は日本の宝」と信奉する人達が「日本は憲法の通り非武装中立で行くのがいいのでは」との見解を、このブログに伝えてくる。「日本は軍隊を持たない方がいい」と言うのである。

日本の周辺国はロシア・中国・北朝鮮・韓国と軍事大国が並んでいる。日本が非武装で国を守れるはずが無いのである。だから憲法9条を信奉する人達は絶対に対米自立を言わない。

現憲法は、アメリカ軍がいつまでも日本に居座るため9条を定めている。つまり憲法9条は従属条項なのである。日本はアメリカの出撃基地として、いつまでもアメリカに従属しているとアメリカの侵略戦争の手伝いをやらされる事になる。集団的自衛権の解釈変更がその為の法的準備の第一段階なのである。

日本がアメリカの侵略戦争に巻き込まれない為には、日本は対米自立し、自分の国は自分で守ることの出来る、小さくとも強力な防衛力(武装力)が必要なのである。

日本共産党や社民党がいつまでも法的観念論の立場から非武装・中立、「9条は日本の宝」などと観念的な事を言っていてはだめなのである。彼らのこの態度によっていつまでも日本は、アメリカの国債を買わされ、思いやり予算等米軍基地受け入れ国支援など、搾取され続ける事となっているのである。

憲法9条を絶対視する法的観念論を克服しないと日本共産党や社民党は消えていく運命にある。国民が日本の平和主義を堅持するには、産軍複合体を基盤とした地球上最大の戦争勢力であるアメリカから、早期に自立する事が必要なのである。

こともあろうに従属憲法を「平和憲法」などと寝ぼけたことを言っていては、この両党は国民の支持を失うばかりである。戦後日本の平和が続いたのは「平和憲法」のおかげではなく、アメリカ軍が日本に居座っていたから、誰も侵略出来なかっただけなのだ。
憲法9条を絶対視する法的観念論を早期に克服せよ!民族の自立のための闘争が今必要なのである。民族の願望を掲げない政党が政権等取れるわけが無いのである。
スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治