FC2ブログ

外国人の日本の土地所有権を制限せよ!

今、日本人の知らぬ間に對馬や沖縄や南西諸島の無人島までもが外国人に買い取られている。對馬は韓国人や中国人に、沖縄周辺の土地は中国人に買い取られている。

深刻なのは對馬である、韓国人名義で中国人が土地を買いあさっているという。韓国政府は外国人土地法によって厳格に外資の土地買収状況を把握し公表する。中国では土地は国有であり、使用権が売り買いされるだけである。外国人や外資は簡単には土地を買えない。

ところが日本国内でも山や土地が多く中国人に買い取られている。彼らは土地登記をしないので実体が解らないだけなのだ。買収されているのは對馬や沖縄だけではないのである。

日本の地方は今、経済的に過疎であり、疲弊している。だから土地が次々中国人に買い取られているのである。尖閣諸島に気を取られていると、知らぬ間に日本の土地や山の多くが中国人の所有となりかねない危機にある。

日本政府は「外国人土地所有法」を制定し、税金をかけるとともに、制限を厳しくし、外国人の土地の乱開発を禁止するべきである。とりわけ土地の登記は外国人は購入後1カ月以内に義務付けるようにすべきである。

日本には、今反日教育を受けている中国人が30万人も働いている。中国が日本に戦争を仕掛ける可能性が高まっている中で、日本の軍事施設の周辺の土地が中国人に買収されている事に警戒しなければならない。

安倍政権は、外国人の土地所有を制限するようにすべきである。日本人は相手の土地を買えないのに、韓国人や中国人が日本の土地を安く買収している現実を調査し、急ぎ対策を取るべきである。
スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治