FC2ブログ

政府の「4.28主権回復の日式典」に異議あり!

安倍首相は首相の地位に長くしがみつく為に、アメリカにゴマをするのに必死である。1952年にサンフランシスコ平和条約(片面講和)と旧日米安保条約が発効したのが4月28日である。安倍はこの日が日本の「主権回復の日」だというのである。

真に誇りある日本人なら、4.28は日本が占領下から、アメリカの従属国として存在する事が決まった民族の屈辱の日なのである。しかもこの式典に天皇陛下を巻き込む策動までしている。

日本国内には今もたくさんの米軍基地があり、日本の空を管理・支配しているのは今も在日米軍なのである。自衛隊は攻撃的な爆撃機や長距離ミサイル等は保持じできない、自衛隊は従属国の軍隊として奇形的で、自立できないようになっている。

従属国故に,日本は今も在日米軍の為に多額の受け入れ国支援の金(これを「思いやり予算」などと呼ぶ)を出している。情けなくも従属国に決まった日を「主権回復の日」として祝う事が出来るのは対米従属派(=売国派)だけであろう。

日本が対米自立し、真に独立した平和国家となった時こそ、主権回復と言えるのではないのか?アメリカにゴマをする安倍首相には民族の誇りが無いのであろうか?恥を知れ!
スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治