fc2ブログ

姑息な菅政権のお粗末外交!

沖縄県尖閣諸島周辺で中国の漁船が日本の巡視船に船体を二度も衝突させた事件で、公務執行妨害で逮捕された中国人船長を、日本政府が処分保留で釈放した事件は、朝日新聞によると菅首相が「早く釈放しろ」と検察に圧力をかけたと言う。これが事実なら日本政府は完全に中国に屈服したことになる。
中国政府は「日本側は今回の事件に付いて中国側に謝罪と賠償を行わなければならない」との声明を出した。
今回の事件は中国側が仕掛け、日本政府が愚かにも引っかかったのであり、日本の主権を踏みにじった側が、一方的に殴りつけるかのように次々に制裁を行なった。日本政府のだらしなさは、これにすぐさま屈服したことで世界中に恥を晒したことである。
こんなことでは領土を守ることは不可能だ。頼りにならない安保条約に頼っているから北方領土を盗られ、竹島を盗られ、今度は尖閣諸島を盗られようとしている。菅政権には中国と交渉できる人物が一人もいない、「非小沢政権」とは外交的無能政権のことだった。
中国が、党官僚が支配する社会帝国主義となっていることを知るべきだ。従って自公政権時からの「戦略的互恵関係」は誤りであり、日本はオオカミを信頼する赤頭巾ちゃんのようなものである。
熟練した小沢を指導部から排除して1ヶ月してこのざまだ。菅首相は政治的無知と無責任な人物であることが分かった。菅は何故小沢を幹事長にしなかったのか?「非小沢政権」は菅の姑息と能無しをあらわすものでしかない。
毛沢東は「中国人民も日本人民も日本軍国主義の犠牲者だ」として日本に戦争賠償を求めなかった。中国の現政権は、毛沢東の死後毛沢東を裏切った走資派である。彼らは日本の援助で中国が経済成長できたことに何の感謝もしていない。それどころか国民に反日教育をしているのである。
毛沢東なら第二世界(日本など)は第三世界(中国)と団結し第一世界(アメリカ)を孤立させる戦略をとる。したがって今回のような領土的野心は示さない。
現中国指導部は、旧ソ連がアフガンを侵略したように、平気でベトナムを侵略した政権なのだ。経済発展で自信を肥大化させた中国社会帝国主義はひときわ凶暴な政権であることを知るべきである。
日本は対米自立し、自分の国は自分で守るため、軍事的備えと国民的合意の準備を急ぐべきである。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治