fc2ブログ

主任検事の証拠改ざん事件を徹底解明せよ!

郵便割引制度をめぐるニセの証明書発行事件は、大阪地検特捜部の主任検事が証拠品として押収したフロッピーデスクを改ざんしていた前代未聞の事件となった。
報道によれば今年2月に同僚がこの検事の改ざんを指摘してトラブルとなっていたそうだ。つまり地検は今年2月に事件を知っていたことになる。
我々の関心はこうした検事による証拠の改ざんが組織ぐるみではなかったのか?と言う疑問である。
小沢一郎の秘書の事件では、この逮捕された検事は、筋書きを決めつけ、押し付け、強引に供述調書を作ったと言う。これではどこまで検事を信用できるのか?疑問が出てくる。
最高検は身内の事件を個人の犯罪で処理しようとしている。これは第三者の調査委員会を作って検察側の証拠改ざんが他にもないのか?徹底調査すべきだ。
我々は検察行政が政治の道具として使われてきたことを疑っている。とりわけ鈴木宗男氏や小沢一郎氏関連の事件は、日本の自立を目指す政治家を意図的に標的にしたものであり、検察の不正が明らかになった以上外部者の手で徹底解明すべきだ。
この調査を身内の最高権に任せてはいけない。それでは検察の信用の回復は不可能というべきだ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治