fc2ブログ

対米自立には国民運動が必要だ!

マスコミの菅へのてこ入れは酷いものだ。自分で世論を菅支持に誘導し、非小沢政権を無理やり勝利させた。アメリカは小沢が「対等の日米同盟」を掲げるが故に小沢を政治的に葬り去ろうとしている。
田中角栄も日の丸油田を獲得し自立を目指したが故に刑事被告人にされた。ロシアとの関係改善を目指しアメリカに睨まれた鈴木宗男も同じ手口でやられた。
小泉のように、日本の郵便の資金300兆円をアメリカに提供しようとする人物は長期政権を保障される。鳩山は郵政改革見直しで郵便の資金を守ろうとしたのでアメリカの手先の官僚とマスコミに叩かれ潰されたのである。
この国は戦後65年もなって、未だにアメリカの支配・従属関係の下にある。
日本の国民はもっと政治的に成長し、民族の誇りを持たなければならない。日本の自立とその下での平和主義を貫くには対米自立が必要であり、それは国民運動として展開するほかないことを、民主党代表選は教えている。
アメリカの創った従属憲法を「日本の宝」と称えるアメリカの手先のような野党も糾弾しなければならない。
日本の国民は対米自立の民族運動(反米闘争)によって、アメリカとその手先(従属派)の二重の支配・搾取を打破しなければならない。
スポンサーサイト



コメント

No title

同感です。日本の弱腰外交の転換がなければこの国はアメリカに振り回され国民は経済安全保障上損ばかりしてしまいます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治