fc2ブログ

我々は対米自立の小沢を支持する!!

民主党の小沢一郎前幹事長が、26日に党代表選に立候補を表明した。鳩山は小沢に「代表選に出馬を決断するならば自分としては全面的に協力、支援していきたい」と小沢支持を表明した。
「政治と金」「普天間」で辞職に追い込まれたこの二人は、いずれも「対等の日米関係」を目指していたのであるが、アメリカが画策したマスコミを動員した「非小沢政権作り」の陰謀で辞職に追い込まれた。
この陰謀で首相になった菅は、鳩山の作成したマニフェストを踏み潰し、消費税10パーセントを掲げ参院選で敗北したが責任も取らなかった。菅はアメリカと官僚に膝を屈したのであり、基本的に自公路線と変わらない。
小沢が「原点に返り国民の生活が第一の政治をやる」ことを主張したのは菅の裏切りを指摘したのである。
菅と小沢の代表選は、アメリカの手先であるマスコミが菅支持に動くので、民主党最大勢力の小沢と言えども勝てるとは限らない。
日本はアメリカの従属国であるので「対等の日米関係」を目指した政治家は田中角栄と同様「刑事被告人」にされるので、小沢は政治生命を掛けた勝負に出たと言うことである。
でっち上げに等しい「普天間」と「政治と金」で大騒ぎしたマスコミは公約破りの菅には口を閉ざしている。
我々は対米自立を実現する立場から小沢一郎の政治生命を掛けた闘いを断固支持するものである。アメリカが日本の官僚とマスコミを握っているので小沢の闘いは非常に困難な闘いとなるであろう。
対米自立は国民運動として展開しない限り実現が難しいと言うのが我々の主張である。しかしアメリカを恐れない小沢の勇気は称えられるべきであり、彼は田中角栄と同じ民族的英雄になろうとしている。
日本の国民は、テレビや大新聞の誰がアメリカの手先として菅を支持しているかを観察しておくべきである。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治