fc2ブログ

日米の軍事一体化と日本の負担増!!

報道によると、2009年度の日米共同軍事演習が51回も行われ、のべ587日間にも達している。今、自衛隊と在日米軍の、軍事一体化が急速に進んでいることを国民は知っておくべきである。日米同盟の強化とは軍事一体化のことであり、自衛隊が米軍の指揮下で実践部隊化していくことである。
米海軍の統合グアム計画室の最終報告書によると、在沖縄海兵隊のグアム移転に付いて、急激な人口増加に対応できるインフラがグアムに整備されていないとして、2014年までの移転を2017年まで延期する案を提案している。在沖縄海兵隊のグアム移転は普天間移転問題とも大きく関連している。アメリカ議会はグアム移転関連の予算を大幅にカットしている。
日本政府はグアム移転経費の予算を即時停止すべきで、辺野古への移転も見合わせたほうがいい。
日本は自国の領土から外国の軍隊を一掃して、対米自立による平和主義を目指すべきである。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治