fc2ブログ

国民を裏切った野田民主党の自民との野合!

小泉内閣が規制緩和の政策をとり、結果自民党は大ブルジョア政党となり、オールキャッチ政党から脱皮したことが政権交代のきっかけとなった。それだけに鳩山内閣の誠実な公約の実践に国民は期待した。

ところが普天間と親からの金を受け取ったことで陰謀的に鳩山降ろしが企てられ、菅・野田と消費税増税内閣がつくられた。野田政権は恥知らずにも公約を投げ捨て、政策丸呑みで、自民との野合で消費税増税を成し遂げようとしている。

国民が民主党に期待したのは、自民の大ブルジョア政党化に反対しての事であった。政権交代を単に利権の再配分としてとしかとらえていない恥知らずな連中だから、自民党と手を組むことができるのであろう。

今の自民党はオールキャッチ政党からすでに脱皮している。今は大企業や官僚やアメリカのために消費税増税に賛成しているが、それは衆院解散を条件に政権の座に復帰するためである。

公明党は池田大作が病に倒れ、話すこともできないため重要な決定ができない状態にある。自民と民主の野合は、公明党の存在価値を無くすことであり、消費税増税後の政党再編は自民・民主の野合派と小沢ら新党派の対決となるであろう。この対決は消費税増税の信認を求めるものとなり、選挙結果は自民と民主の野合を糾弾するものとなるであろう。

新しい政党再編は、大ブルジョアの政治的代理人と国民大衆の政治的代理人の闘いであり、親米派と自立派の闘いでもある。総選挙は日本国民の政治的成熟度が試される選挙となる。もっとも消費税増税で国民経済が大打撃を受け、政策の誤りが表面化した時に衆院解散できるか大いに疑問だが・・・。
スポンサーサイト



テーマ : 野田内閣 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治