fc2ブログ

国家機密保護を強化する習近平ファシスト政権の狙い

経済的危機が深刻化している中国では、現在各省のGDPの数値の見直しが進んでいる。各省の幹部がデータをねつ造し、自分の成果を誇示するためにGDPの数値が大幅に水増しされていたことが党中央の調査が始まり。慌てて直しが進みだした。そのせいで大規模な都市一つ分のGDPが消えることになっている。
経済危機で、中国の労働者は賃金が半分になった例や公務員の給与が6か月未払いになるなど、労働者の困窮が増している。当然習近平政権への批判が高まる。習近平はこの悪政を外国の陰謀にすり替えようとしているように見える。

中国の立法機関、全国人民代表大会(全人代)常務委員会は27日、北京で開いた会議で国家秘密保護法の改正案を可決、成立させた。国家秘密の保護に関して中国共産党の影響力を高めることを明文化した。習近平政権は昨年も改正反スパイ法を施行するなど、「国家安全」を政権運営の優先事項に置く姿勢を強めている。
今回の改正案では「国家秘密を守る活動において中国共産党の指導を堅持する」ことを明記した。

また、国家秘密保護に関する宣伝や教育を国家主導で充実させることなどにより、秘密保護意識を社会全体で増強することを掲げている。国家秘密に関わる企業に秘密保護の管理能力を高めることを要求。企業で国家秘密に関わる人物には退職後の一定期間、就職や海外渡航で制限を課した。

アメリカ国務省は28日の声明で、香港で制定に向けた作業が進む国家安全条例について懸念を表明した。香港政府が「国家機密」や「外部からの干渉」について曖昧な定義を採用しようとしていると指摘し、逮捕や拘束の恐怖を通じた反対意見の排除に利用されかねないとした。
香港政府は1月下旬、香港基本法(憲法に相当)23条に基づき、国家安全条例の制定作業を開始。国家機密の窃取やスパイ行為、外国勢力による香港への干渉などを禁止し、海外でも適用するとの方針を示している。

声明は条例の域外適用について、アメリカ市民らの言論の自由を制限するものだと批判。2020年に中国指導部の主導で施行した香港国家安全維持法(国安法)に加え、国家安全条例が制定されれば、香港に高度の自治を認めた「一国二制度」を損なうことになるとした。(共同)

考えても見てほしい、中国に進出している外国企業は押しなべて商品技術の開示を当局に求められている。今の中国企業に秘密を保護するだけの機密があるわけではない。国家秘密保護や企業の秘密保護や国家安全条例の必要など見当たらない。習近平の指示で日本の炊飯器やウォシュレットの生産を促された大企業の幹部が、今の我々の技術では作れないと報告した。それほど中国企業の技術は遅れている。では習近平が国家機密保護を強化する目的は何なのか?それは生活の困窮を深めている中国の労働者・人民の不満を抑えるのが目的である。

白紙デモの参加者がいま密告制度を利用して次つぎ逮捕拘留されている。習近平ファシスト政権が「国家秘密を守る活動」の名で、労働者・人民の不満を押さえようとしているのである。中国政府に反対するものはあたかも外国の陰謀の手先として扱うことで支配体制を強化しているのである。

表面上は強権支配で習近平政権が強化されているように見える。しかし実際にはこうした独裁の強化は習近平政権の弱さの現れであり、脆弱性を示すものなのである。
市場経済化の政策は、搾取制度の容認であり、当然人民の中に資本主義の拝金思想が自然発生的にまん延する。私的所有を容認するのだから当然のことだ。一部の者が特権的地位を利用して豊かになるということは、食うに困る広範な大衆の不満を増幅する。

階級社会ではこうした不満を議会で吸収し、妥協を図るのだが、中国では不満を抱くものを議会から排除する。それを「国家秘密を守る活動」の名で正当化するものに過ぎない。ゆえに習近平政権は脆弱であるといえる。中国では、議会で階級矛盾を緩和するのではなく、議会から反対派、不満派を排除しているのである。ゆえに習近平政権はクーデターがいつ起こるか、いつ打倒されるかわからないのである。こうした政府の政策の下で、外国企業がいつ国家機密保護を口実に逮捕されるかわからないのだから、撤退をするのは当然なのである。
#習近平政権の国家機密保護
スポンサーサイト



コメント

確かに口実ですね

習近平はよほど危機意識があるのでしょうね。
大衆の不満がそれほど高いということではないですか。

習近平は経済のことを考えていない

 個人独裁の維持だけ考えているようですね。
  習近平はもともと経済は分からないのです。
   李克強元首相を排除したのが間違いですね。
    習近平は反日ですから沖縄と台湾は真っ先に標的になる。
     沖縄の人たちは反基地運動はやめた方がいいと思う。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治