fc2ブログ

岸田政権はウクライナ戦争に深入りすべきではない

欧州のウクライナ援助疲れで、支援が1割ほどに減少し、アメリカが支援できない状況で、岸田政権がウクライナに深入りしている。今年春の岸田の国賓としてのアメリカ訪問で4兆円といわれるウクライナ復興支援を約束させられるのではないか、と見られている。

ウクライナ戦争はロシアから見てもウクライナから見ても不正義の戦争であり、アメリカが画策したロシアを疲弊させ、ロシアとEUの経済関係を遮断し、ユーロ経済圏の東への拡大を阻止する戦略的狙いがあった。それゆえ初めにNATO加盟でロシアを挑発したゼレンスキー政権が悪い、アメリカの戦略的挑発を見抜けなかったプーチンも悪い。

今年に入り岸田はウクライナに6500億円の援助を決めた。災害が多発し、復興資金も不足する日本に、さらに4兆円もの財源があるわけもなく、ウクライナ増税が避けられない事態が生まれつつある。岸田は春の訪米でバイデンに外交の岸田を売り込もうとしているが、日本国民はヨーロッパの戦争への肩入れを誰も支持していない。

岸田が軽はずみにウクライナ支持を表明した結果、日本は中国・ロシア・北朝鮮という核保有国を敵にすることになった。3正面に敵を作る外交は亡国路線と呼ぶべき愚劣で無責任な外交であり、戦略的視点皆無の拙劣外交というほかない。岸田は敗北が明白なウクライナを支援して、日本の安全保障を危機に陥れているといえる。アメリカに支援しろと言われたら国の安全を犠牲にしてもいいと言うのだろうか?

ヨーロッパの戦争に日本は介入すべきではないのだ。ウクライナを支援しても日本が中国に侵略されたときに欧州諸国が支援してくれる保障はないのである。しかもどちらの側から見ても不正義の戦争ではないか?ウクライナとロシアの戦争は初めに挑発したのはウクライナの側であり、その目的はロシア経済を疲弊させ、ロシアのプーチン体制を打倒することが目的なのである。ロシアのプーチン体制を打倒すればロシアの次の政権は、より危険なファシスト政権になるのが確実なのであるから、ウクライナ戦争に深入りすべきではない。

今年秋の米大統領選で、もしトランプが勝てば(そうなる可能性は非常に高い)トランプは「外国を守りたくない」という「アメリカ第一主義」なのである。集団的自衛権でもはやアメリカを頼りにできない時代なのに、いつまでもアメリカの言いなりの外交をしていていいわけがない。

日本は対米自立し、独自の戦略を持ち、小さくとも強力な防衛力を打ち立てて、平和・中立の外交を掲げ、習近平ファシスト政権の侵略に反対する反ファシズム統一戦線の形成を急ぐべきである。
#日本のウクライナ支援
スポンサーサイト



コメント

国民のことを考えていません

 岸田はアメリカの言いなりです。日本の安全など考えていませんね。
 岸田の外交は対米追随外交です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治