fc2ブログ

主体的防衛力確立と反ファシズム統一戦線を目指せ!

ロシアによるウクライナ侵攻から2年を前に、11月の米大統領選で復権を目指すトランプ氏が10日、北大西洋条約機構(NATO)の加盟国がロシアの侵攻を受けたとしても、「守らないし、ロシアがしたいようにすることを勧める」と発言したと伝えられました。

 この発言に対してNATOのストルテンベルグ事務総長は11日、ロイター通信の取材に「米国を含むすべての安全保障を損ない、米国と欧州の兵士を危険にさらすことになる」と批判しました。(以上朝日新聞)
     *          *         *
トランプは以前からNATO諸国がGDP2%以上を国防費に支出し、アメリカから武器を買うことを求めている。要するに安保ただ乗りは許さないということである。トランプは以前にもNATO脱退を主張しており、別に目新しい発言ではない。彼は「アメリカ第一主義」であり、「他国を守りたくない」とも発言している。

トランプは若いときに徴兵拒否しており、戦争はコストに見合わない、との考えの持ち主である。従ってアメリカが外国の防衛のために多額の金を支出していることに彼は反対なのである。

バイデン政権もウクライナの極右に資金支援しクーデターを行わせ、親米政権を作り、NATO加盟でロシアを挑発し「アメリカは派兵しない」と表明して、ロシアがしたいようにウクライナに侵略させた生きた事例がある。トランプの発言はアメリカ経済が相対的に衰退した結果に過ぎない。

欧州や日本や韓国など、アメリカの同盟国はもはや覇権国のアメリカに依存していれば、安上がりに国防できるという時代ではないことを知らねばならない。冷戦崩壊後のグローバリズムは、資本主義の不均等発展の法則でアメリカの相対的経済力を衰退させたのであり、この経済力の戦略的変化こそが、もはや覇権国アメリカに依存して安全保障を安上がりに挙げる時代ではないということを示している。

だからといって、アメリカのチェンバレン化を傍観していては、ロシア・中国・イラン・北朝鮮の独裁連合諸国の軍事的暴走に対応できないであろう。必要なのは対米自立した各国の主体的防衛力の確立と、反ファシズム統一戦線の構築を目指す外交が必要なのである。アメリカの同盟国は、もはや覇権国アメリカに安全保障を丸投げできる情勢ではないことを、知らねばならない時なのである。
#覇権国の衰退と国防戦略
スポンサーサイト



コメント

他国に安全保障を依存してはいけない

 日本は自分の力で国を守るべきです。
 外国の軍事基地は撤去して自分の力で防衛できるようにすべきです。
 今のままではウクライナのように「捨て駒」にされます。

国防は他国を宛にしてはいけない

 自立して自分の力で守るべきという意見に賛成です。
  今の弱体自衛隊では独裁反日国家にはチャンスでしかないと思う。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治