fc2ブログ

中南海の指示で中国の経済統計ねつ造が変化

アメリカと中国の2023年のモノの貿易額が過去最高だった22年から大幅に減少した。アメリカ商務省が7日発表した貿易統計によると、輸入と輸出を合わせた貿易額は5750億ドル(約85兆円)と前年比16.7%減った。23年の米国の貿易総額に占める中国の割合は18年ぶりの低水準となった。

中国政府の統計でも、輸出と輸入が大幅に減少しているのに、昨年の経済成長率が5.5%成長だった。実体経済がゼロ・コロナ後の消費の冷え込みもあって氷河期ほどに冷え込んでいるのに5.5%成長には世界中を唖然とさせた。

これまで中国の市・県・鎮などの各級の幹部は経済統計をねつ造すれば出世できるとばかり、下から次々ねつ造が重なり、中国政府のGDPは30%~40%以上かさ上げされていると言われてきた。その国家統計改ざんが習近平国家主席のトップダウン型に変化したというのである。

何のための統計ねつ造かというと、急拡大する外資の中国撤退と資金流出を止めるために中国経済の好調さを演出するためである。月刊誌「選択」2月号記事が「中国経済統計捏造の新次元」として具体例を紹介している。以下に具体的手口を「選択記事」を引用して紹介する。

<昨年、世界が最も注目した中国の統計は過去最悪の21.3%に達した「若年失業率(16~24歳)」だった。この数字すら「実態はもっとひどい」と批判された。海外投資家には中国経済が「コロナ禍からの回復過程ではなく。米中対立などによる悪化の坂道を下っている」ことの確認には十分だった。「21.3%」が与えた衝撃の大きさを見て、中国指導部はまず「若年失業率」の発表を停止したが、それが「中国経済は深刻な状況」という観測を補強することになり、慌てて1月に発表を再開した。だがその数字が14.9%と劇的改善となったことでねつ造騒ぎが広がった。改善の秘密は前回発表時には9600万人だった若年層の母集団から6200万人を除外し3400万人のみで計算したことにある。>(以上「選択」記事より引用)

中国国家統計局が発表した2023年の固定資産投資総額は前年日3.0%増の50兆5000億元(約1010兆円)だった。しかし昨年の公表済の固定資産投資総額の数字が57兆2138億元であった。金額が前年比11.7%も減少しているのに、どうして3,0%の増になるのかというと、「前年の数字に間違いが発見されたため」というのである。このような改ざんの手口は李克強が亡くなっているので可能になったのである。

習近平政権は中国株の値下がりで中国の株価時価総額がアメリカの株価時価総額の半分にまで低下したことから、中国の投資家に「株を売るな」と指示を出している。習近平はどこまでもやることが権力的である。資金が中国からアメリカに大規模に移動しただけではない。アメリカのCNNの集計では23年だけで32000人の中国人がアメリカに不法入国したという。こうした就労目的の「経済困窮移民」がタイやベトナムにも急増している。

中国では現在、労働者の月給が半分近くまで落ち込み、公務員には6か月間も給料が遅配となっている。ところが政府の統計では昨年の出稼ぎ労働者の平均月収が4780元だったという。実際には失業者が3000元の仕事に飛びつくほど賃金が低下しているというのだ。つまり中国政府は経済統計を上からの指示で改ざんして、経済政策の失敗を隠し、同時に、急拡大する外資の中国撤退と資金流出を止めようと必死なのである。

中国の直面する経済危機は主要には、社会主義的所有制と市場経済の矛盾であり、この経済的壁を理解できない習近平が、つぎはぎのような統計改ざんで経済破綻を隠蔽しようと悪あがきをしているのである。習近平は公共事業やマンション建設による内需の拡大策で失敗した。内需を拡大するためには穀物の高価格政策が必要だが、それには賃上げが伴う、それをやると外国企業が一層逃げ出す。

この二律背反を避けるための鄧小平の「一国二制度」であったのだが、習近平は香港の独裁移行でこの「一国二制度」を投げ捨てた。したがって中国経済が回復することは困難で、この経済危機が政治危機となり、習近平政権の危機が深刻化するのは避けられそうもない。今後も外資の中国からの脱出が増えるであろう。習近平ファシスト政権の終わりが近づいているように見える。
(注・中南海とは中国の最高幹部たちが住む地域の事である)
#中国経済統計
スポンサーサイト



コメント

習近平は経済対策がない

 たぶんどうしてよいかわからなかったのでしょうね。だから学習運動で体制を固めたかった。しかしそれでは経済対策にはならない。スパイ取締法も体制固めなのでしょうね。しかしそれで外資が逃げているのもわからないようですね。不思議なのは経済対策はデータ改ざんだけしかない。これでは習近平は打倒されるのではないですか?

統計を改ざんしても解決しない

 習近平は何を考えているのか理解できません。
  統計をごまかすのではなく問題の解決が重要なのではないですか?
   建設会社の不良債権をどうするのか?失業問題をどうするのか?
    党幹部の腐敗をどうするのか?赤字の地方債権をどう処理するのか?          
     習近平はそのうち打倒されると思います。

     

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治