fc2ブログ

超大国の戦略の捨て駒にされないように注意せよ!

27日付米紙ワシントン・ポストは、バイデン米政権がウクライナ支援を巡り、ロシアが占領した領土の奪還よりも、新たな侵攻を抑止することに注力する戦略を策定していると報じた。ウクライナによる昨年の反転攻勢で期待した戦果を得られなかったことで方針を転換した。長期的な戦力強化や、経済基盤の立て直しに重点を置く。ロシアが強固な防衛線を構築する中、同様の作戦を改めて展開しても成功は難しいと判断したと見られる。

アメリカン大統領選で、ウクライナ支援に否定的な共和党のトランプ前大統領が再選される可能性もあり、ウクライナはアメリカの「捨て駒」として扱われている。同じアメリカの従属国である日本も、アメリカの「捨て駒」にされないようにしなければならない。

次期大統領の可能性が高くなっているトランプは、NATOからの脱退を漏らしており、「アメリカ第一主義」で、アメリカが外国のために金を使うことに反対している。資本主義の不均等発展の法則で中国、ロシアが台頭し、覇権を争うまでになり、アメリカは同盟国を「使い捨て」にして、ロシアと中国を経済的に疲弊させる戦略に転じている。今後ウクライナはロシア経済を疲弊させるために戦争を続けることになる。これはウクライナ国民には悲劇の継続でしかない。

習近平ファシスト政権が大軍拡で覇権を夢見ているアジアでは、台湾や日本がアメリカの「捨て駒」にされる可能性がある。超大国の「捨て駒」にされないためには自立した強力な防衛力が必要であり、消耗戦の「捨て駒」にされないためには、アメリカ側にも中国側にも中立を維持できるだけの主体的外交が必要であり、同盟国という名の従属的依存路線は取るべきではない。

中国の習近平ファシスト政権が、経済的政治的危機を切り抜けるために、台湾と日本に軍事侵攻に出たなら、アジア諸国と連携して、反ファシズム統一戦線を構築して短期に勝利する戦略配置を行うべきであり、アメリカのために消耗戦の「捨て駒」にされる危険を排除しなければならない。このためには対米自立し、反ファシズム統一戦線を準備する外交が必要であり、アメリカとの対等の政治的地位を確保したうえで、小さくとも強力な防衛力を整備すべきである。政治的中立は軍事力を背景にしなければ成り立たないのである。
#対米自立
スポンサーサイト



コメント

ウクライナは米の言いなりで酷いことに

 やはり従属はいけません。
  捨て駒にされるのが落ちです。
   日本は自立すべきでと言う意見に賛成します。

ウクライナは見捨てられる

アメリカのロシア挑発にのった報いで、右派政権の責任です。
やはり自立が重要ですね!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治