fc2ブログ

膨れ上がる日本のウクライナ支援金

報道によると、アメリカ議会は19日、ロシアの侵攻を受けるウクライナへの支援予算について年内の可決を断念した。野党共和党が支援継続の条件として米南部国境の警備強化を要求。与党民主党と折衝を続けたが、合意に至らなかった。バイデン政権は月内に追加軍事支援を発表する予定。その後は議会が新たな予算を認めない限り支援できなくなるとしている。
アメリカ上院の与野党幹部は声明で、年明けに協議を再開すると明らかにした。新たな議会の承認を経ずに大統領権限で武器などを供与する仕組みもあり、国防総省によると、この予算は12月初旬時点で48億ドル(約6900億円)残っていたが、年内に枯渇すると言われていた。

鈴木俊一財務相は19日夜、日米欧の先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議終了後に記者団の取材に応じ、日本政府として総額45億ドル(約6500億円)の追加支援を行う用意があると明らかにした。日本の追加支援は当初4500億円とされていた。この追加支援上積みがアメリカの要請で行われたのは明らかだ。日本の金で潤うのはアメリカの軍需産業なのだ。

ウクライナのゼレンスキー大統領は19日夜、2023年の総括として開いた記者会見で、ウクライナ軍から45万~50万人の動員が必要になると提案されたと明かしました。ゼレンスキー氏は追加動員について「非常にデリケートな問題だと思う」と指摘。現在の「100万人規模」のウクライナ軍に、どのような影響があるのかを見極める必要性を訴えた。
また、提案があった追加動員には5千億フリブナ(約1兆9千億円)の費用がかかるとし財務相と相談を重ねる考えを示した。

欧州諸国はすでにウクライナへの援助疲れが出て、支援金が8割も減少している。アメリカの支援法案が議会を通過しないので、日本の支援金が膨れ上がることになっている。日本と経済関係も薄く、安全保障にも直接関係がない欧州のウクライナの支援になぜ日本が多額の支援をする必要があるのか理解できない。もともとNATO加盟を表明してロシアを軍事的に挑発したウクライナ政府が始めた戦争ではないか。

日本は同盟国でもない、NATOの一員でもないのに、ウクライナ支援を岸田政権が表明したおかげで、3正面の極めて不利な戦略関係に陥っている。これでは防衛費を2倍にしても追いつかない。岸田政権のアメリカ言いなりの外交は信じられないぐらい愚劣極まると言わねばならない。
#ウクライナ支援金
スポンサーサイト



コメント

ヨーロッパの戦争に金をだす?

 やはりアメリカに要求されたのでしょうね。これで大増税は決まったようなもの。岸田の外交はアメリカのためですね。売国的な外交と言うべきですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治