fc2ブログ

イスラエルはパレスチナ人の自決権を認めるべきだ

ガザ地区内での犠牲者数は増え続けています。ガザの保健省は8日、10月7日の戦闘開始からの死者数が1万7487人に上ったと発表した。国連安全保障理事会(15カ国)は8日、パレスチナ自治区ガザで交戦するイスラム原理主義組織ハマスとイスラエルに人道的停戦の即時実施を求める決議案をアメリカが拒否権を行使しつぶした。

アメリカのイラク戦争とアフガン侵攻では約200万人のアラブ人が殺された。しかしこの戦争はマスコミを排除して行われたので、世界的な批判は起きなかった。しかし今回のパレスチナ戦争では、多くの記者たちの前で行われており、イスラエル軍のガザにおける虐殺が連日世界中で報じられており、その結果イスラエルとアメリカの孤立がますます明らかとなっている。

アメリカ国内では若者の虐殺反対のデモが起き、またユダヤ人の若者でさえイスラエル軍の虐殺に反対するデモに立ち上がっている。イスラエルのネタニヤフ政権は、ハマスのテロを口実にガザと西岸での占領地からパレスチナ人を追い出す画策を強化している。彼らは「反テロ」を口実にすれば戦争が正義の戦争になると勘違いしている。イスラエルのやっていることはナチスドイツの虐殺と何ら変わらないことを世界中に明らかにしている。

ネタニヤフは自分が汚職犯罪から逃れるために意図的に戦争を長期化させているのである。ネタニヤフはハマスの反撃が準備されていることを事前に知りながら、それを戦争に利用したのであり、アメリカのバイデンは、ネタニヤフの戦争路線に引きずられながら、大統領選でのユダヤロビーの支持欲しさに、停戦を求める世界の世論に敵対し、ネタニヤフのパレスチナ人虐殺を容認している。

バイデンとネタニヤフは世界の世論を無視した報いを必ず受けるに違いない。良識あるユダヤ人は、イスラエル軍の不必要な虐殺が、パレスチナ人の憎しみの連鎖を拡大し、ハマスをより強化することに繋がること、それが際限のない抵抗闘争に繋がることを心配しているのである。

世界の良識ある人々は、今回のパレスチナ戦争がハマスのテロから始まったのではなく、ユダヤ人の建国運動による侵略から始まったことを指摘している。イスラエルがパレスチナ人の建国を阻止し、狭い占領地に閉じ込めて、抵抗闘争を口実に領土の拡張を進めてきたことを知っている。

ユダヤ人が国家権力を手に入れたと同時にナチスと同じ道(=国家テロの道)を歩み始めた間違いが、憎しみの連鎖を拡大している。すべてのユダヤ人が民族自決権をパレスチナ人に保障しなければ、憎しみの連鎖は終わりがないことを知るべきである。バイデンとネタニヤフは、自国の国民から近い将来見捨てられるであろう。
#パレスチナ戦争
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治