fc2ブログ

戦争の長期化が世界の経済を疲弊させる

報道によると、バイデン米政権は4日、ウクライナへの軍事支援の資金が「年末には枯渇する」として、予算決定権を握る連邦議会に早期の対応を求めた。反転攻勢で苦戦するウクライナへの軍事支援が止まれば、ウクライナのジェレンスキー政権は危機になり、欧州の政治情勢に与える影響は大きい。米下院多数派の共和党は、支援予算と引き換えに移民受け入れを大幅に制限するよう求めており、来年には大統領選があるので、双方の歩み寄りは容易ではないと見られている。

アメリカはパレスチナ戦争とウクライナ戦争で多額の軍事支援が、国内で反発が高まって、トランプの「アメリカ第一主義」が有利になる可能性がある。欧州も援助疲れが出ており、またウクライナ国内でも長引く戦争に不満が出てきている。

ウクライナ戦争は、ロシアとEUを疲弊させるためにアメリカが企んだものであり、ウクライナのNATO加盟でロシアを挑発し、開戦に追い込んだものである。アメリカの狙いはユーロ経済圏の東への拡大を阻止し、ドル支配を維持することに狙いがあり、ドイツとロシアの間の天然ガス海底パイプラインを爆破したのもアメリカであると言われている。このため欧州は安いロシア産燃料が入らなくなり、ガス代が数倍に値上がりした。EUは物価の高騰で階級矛盾が激化して、各国で極右が台頭している。

情勢はウクライナ戦争が停戦に向かいつつあるが、ウクライナの政権はこれを受け入れられず。戦争の膠着状態が続く可能性が高い。ロシアも来年大統領選があり、ウクライナ戦争で負けるわけにはいかない事情があり、戦争の長期化は避けられそうもない。

ウクライナ戦争とパレスチナ戦争の二つの戦争を抱えたままでは大統領選でバイデンの再選が危うくなる可能性がある。アメリカ国内ではパレスチナ人民への同情が若者の中に広がっており、またアラブ系の国民がバイデン支持を見直すのは確実で、バイデンの再選は難しくなると見られている。

アメリカ経済は、二つの戦争で軍需産業、エネルギー産業、食料メジャーが大儲けしており、現在は景気がいい。問題は中国経済の落ち込みが深刻であること、欧州も物価上昇が激しく景気の後退は避けられないこと、世界中で内戦や騒乱が拡大していること、世界中で異常気象による災害が多発しており、世界市場が荒廃していることから、今後の世界経済は景気後退が心配されている。

二つの戦争が終局に向かえば、エネルギー価格や穀物価格高騰が沈静化するので、経済恐慌は避けられる可能性がある。しかし、今のところ戦争は収まる気配はない。異常気象による災害が世界中で多発しており、世界市場が荒廃していることと重なり、今後戦争の長期化で世界経済の危機が深刻化する可能性を心配しなければならなくなっている。
#世界経済の危機
スポンサーサイト



コメント

経済が心配!

 たしかにグローバル市場が荒れています。
  経済恐慌と戦争の拡大を心配しています。
 特にパレスチナは双方の憎悪が拡大しており、
  戦争が広がるのではないかと思います。

No title

 戦争はやめてほしい。
  経済の先行きが心配です。
   バイデンは戦争屋のようですね。
    アメリカは戦争で儲かるのでしょうが、巻き込まれる市民は迷惑です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治