fc2ブログ

24時間テレビ寄付金着服事件に思う

日本海テレビジョン放送の局長が、日本テレビの「24時間テレビ」への寄付金を約1118万円を着服していた事件は、多くの人に衝撃を与えた。以前から赤十字の年末助け合いの寄付金が、不正が多いことはうわさで聞いていたし、神戸淡路大震災の寄付金集めが、署名用紙もなく寄付金集めの団体名も明らかでない寄付金集めも多くあった。

日本海テレビジョン放送では集まった寄付金の計算をその日に行っていなかったので発覚までに7年以上もかかった。「24時間テレビ」の放送番組で集まった寄付金額が時間ごとに表示されていたのは、何だったのか?疑問がわいてくる。

人の善意を踏みにじる行為が今後も起きないような法制備がいるのではないのか?寄付金集めの団体名も、責任者名も明らかでない、したがって寄付金の使われ方も明確でない、いかがわしい寄付集めが世間には多くある。

今回の事件で、「24時間テレビの寄付はもうしたくない」という人も多い。寄付金集めと、その使われ方を透明にする必要がある。そうしないと私的利益から寄付行為を悪用する者が今後も出て来るであろう。

少なくとも寄付集めの場合の登録制で団体名や責任者名、集めた寄付金額と、その使い方を役場や消費者庁などに、報告する制度管理が必要ではないか?と思う。
#寄付金横領
スポンサーサイト



コメント

寄付をつのる人は管理をきちんとすべき

 多額の寄付金をくすねるとは、会社側も責任があると思う。
  キチンと管理してほしい。
   どれだけ集まったか、どのように使ったまで報告する義務がある。
    人の善意を踏みにじる行為は許せませんね。

No title

 寄付金を横領席ない仕組みが必要ですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治