fc2ブログ

首相の5つの経済対策は「絵に描いた餅」

岸田文雄首相は25日、東京都内で開かれた全国証券大会で、証券業界に資産運用能力を強化するなど競争力を高めるよう奮起を促した。首相は「資産運用立国」に向けた資産運用業の改革を強調した。しかし、内需が30年間縮小する国民経済にあっては、誰も投資せず、したがって資産運用益が出るわけがない。

翌日には、岸田文雄首相は26日の閣議で、関係閣僚に10月中にまとめる経済対策の策定を正式に指示する。対策は①物価高から国民生活を守る②持続的賃上げ、所得向上と地方の成長③成長力につながる国内投資促進④人口減少を乗り越え、変化を力にする社会変革⑤国土強靱(きょうじん)化など国民の安全・安心――の5つの柱を公表した。

この経済対策は与党との協議を経て10月をめどに決定するという。対策をとりまとめた後、財源を裏付ける2023年度補正予算案を編成するが、内容はバラマキであるので財政赤字が膨れ上がるのは確実で、将来の大増税につながることは避けられない。

岸田首相の経済政策の5つの柱は、その具体化が示されていない。経済成長路線に回帰させる方法を見出していない経済音痴の首相が、耳障りの良い「5つの柱」を並べても、それをどのようにして実現させるのかが述べられていないのである。以下に疑問点を提示する。
<疑問1>インフレ政策を続けながら、どのようにして物価高を解決するのか?
<疑問2>反労組の政策続けながら、どのようにして賃金を持続的に上げると言うのか?<疑問3>内需が縮小しているのに、どのようにして国内投資を促すのか?
<疑問4>人口減少を乗り越え、変化を力にする社会変革とは何なのか?
<疑問5>財政危機の中でどのようにして国土強靱化を図るのか?

岸田首相の5つの経済対策は抽象的で具体性がなく、政策と言えるものではない。理想的な願望を並べただけで、実際には「絵に描いた餅」でしかない。せいぜい自民党が企業への予算のバラマキを行うに口実に過ぎないと見るべきだ。

そもそも岸田首相は日本経済が30年間縮小を続け、経済的国力が衰退を続けている政策的原因を理解しているとも思えない。理解しておれば、このような「5本の柱」を並べられるわけがないのである。
#岸田政権の経済政策
スポンサーサイト



コメント

私もそう思います

 絵にかいた餅ですね。
  岸田さんの特徴は抽象的で、きれいごとばかりです。
   ばらまくばかりで、最後は消費税大増税ですね。
    旧統一教会のことを調査しなかったのは問題だと思う。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治