fc2ブログ

自民党政権は日本を衰退させる政策ばかりだ

岸田文雄首相はNATOの首脳会議でバイデンに、首根っこをつかまれ防衛費倍増を大いに褒められたが、19日北朝鮮が同日未明に弾道ミサイル2発を発射したことについて、「北朝鮮は高い頻度で弾道ミサイルの発射を繰り返している。我が国のみならず地域、また国際社会の平和と安定を脅かすものであり、断じて容認することはできない」と強く非難した。

岸田は報復を恐れてか?横暴な中国政府を批判しないが、北朝鮮には強硬だ。しかし問題なのは日本のロケット打ち上げが失敗続きであることだ。日本は研究者を期間雇用にして優秀な研究者を海外に追い出していることで、日本の研究力の衰退が激しい。まるで日本を亡国に導くかのようである。

小泉以後の自民党右派政権が行ったことは、ゼロ金利でゾンビ企業を助け、外国人の低賃金労働力を入れて、生産性向上へ企業家の目を向けなくしたことだ。ゆえに日本の生産性は急落し、日本経済は縮小を繰り返すことになった。

非正規化や残業代不払いのみなし労働時間制などの「強欲の資本主義の政策」で、日本経済は成長力を失い、内需は縮小し続け、日本の経済力は衰退を続けている。隣国の宗教団体の指導で、反労組・反ストライキの政策をやりすぎて、日本の国民経済を衰退させたのがアベノミクスに他ならない。アベノミクスとは亡国の経済政策に他ならない。

日銀の国債引き受けと株購入、さらには年金資金での株購入は、実体経済は衰退しているのに、高株価を実現したのだが、それはバブルにすぎず。国民の預貯金を目減りさせるインフレ政策に過ぎない。日銀の通貨発行益を金持ちに配分するに等しい。まるで金持ちを豊かにし、日本の経済的国力を衰退させるのが自公政権の任務であるかのようだ。

アメリカの言いなりで円安政策を続け、資源や食糧の値上げで国民を苦しめる政策は、売国的・民族的裏切りとしか言いようがない。防衛力の強化にならない防衛費の2倍化は、アメリカによる日本の国家予算の分捕りに等しく、まるで日本はアメリカの捨て駒にされつつある。

一国の経済政策は、経済的国力を拡大し、総じて国民を経済的に豊かにする政策であるべきだ。自民党岸田政権の政策は増税のための布石としての企業へのバラマキばかりで、増税で内需を縮小させ、経済的国力を衰退させる政策ばかりなのである。

旧統一教会のコントロール下で、日本の国力を衰退させる陰謀的政策を続けたゆえに、犯罪的宗教団体に解散命令さえ出せない政治とは、いったい誰のための政治なのか?日本の労働者人民は貧困化し、介護老人を川に捨て、介護離職で食うに困り心中に追い詰めているではないか?年間2万人以上が自殺を選択せざるを得ない政治とは、悪政というほかない。

政権がいかに腐敗しても、政権交代が起こらないのは、コマ切れ野党が団結できず。統一戦線政策さえ取れず。国民の願いを踏みにじるさまは、「亡国政治の補完物」と表現するほかない。日本は亡国路線を突き進んでいるのである。なぜ政府は経済成長路線に舵を切らないのであろうか?
# 亡国の政策 #アベノミクス
スポンサーサイト



コメント

No title

 イーロン・マスク氏が「日本は将来無くなる」と言ったのは、経済の縮小を続けているからだと思います。ホント亡国路線ですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治