fc2ブログ

混迷する共和党予備選!

11月のアメリカ大統領選に向けた共和党候補者選びが混迷している。
21日のサウスカロライナ州の予備選でこれまで優勢だったロムニー候補(28%)に大差を付けて保守派のギングリッチ候補が40%の得票率で勝利した。
アメリカ社会は経済的にも政治的にも2極分化しているのが特徴である。
オバマ大統領の経済政策の失敗で中間層がオバマ離れしており、共和党がオバマに勝つにはこの中間層の支持を集める候補が必要と言われている。
ところが共和党支持者は保守化しており、右派でなければ予備選に勝利できないと言われている。
保守派のギングリッチの勝利は世論が対立と分裂を深めるアメリカ社会を反映しており共和党の候補選びはますます混迷を深めている。
予備選での極めて激しいネガティブキャンペーンは共和党内の中間派と保守派の対立を決定的にしている。
アメリカの保守派ギングリッチと中間派のロムニーの対立の深まりの中で、アメリカ大統領選の共和党予備選はまだまだ混迷しそうだ。
スポンサーサイト



テーマ : オバマ大統領・政権 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治