FC2ブログ

五輪反対の共産党は国民から背離する!

オリンピックが自国で開催できるのはおそらく一生に一度の事である。これを成功させることは国民の願いであり、私は共産党がオリンピックに反対することが理解できないのである。

7月16日のしんぶん赤旗は一面トップ記事で「今からでも五輪中止の決断を」との見出しで志位委員長の中止決断のアピールを掲載している。18日には「五輪目前懸念次々」20日には「中止決断を都に緊急署名」を提出した記事を一面トップで報じた。まるで共産党は五輪が敵であるかのようだ。

コロナ感染症は国際的に見れば日本はイギリスなどと比べ抑え込みに成功している。これはひとえに国民の努力であり、政府の施策は後手後手だ。イギリスでは一日に5万人の患者が出ている。日本は桁違いに少ない。しかし国民の安全を考えて無観客で行うのだから反対する必要がどこにあるのか理解できない。

困難な状況でも、努力して国民的な事業を成功させる立場に共産党はなぜ立たないのか?不思議で仕方がない。まるでオリンピックが悪であると考えているかのようだ。

オリンピックを開催したことでコロナの患者が増え、犠牲が増えれば政府が責任を取るであろう。それが政治家の仕事だ。共産党がオリンピック開催反対を主張する理由が私は未だに理解できないのである。志位委員長は説明すべきだ。

共産党が、オリンピックが成功すれば次の総選挙で自民党が有利になるから、オリンピックに反対するというのなら、それは間違っている。党利党略でオリンピック開催に反対するというのは聞いたことがない。ぜひ志位委員長はきちんと国民に説明するべきだ。そうしないと共産党はオリンピック反対で国民の支持を失うであろう。
#東京五輪
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治