FC2ブログ

米次期大統領選目指し選挙制度めぐる謀略合戦!

先の大統領選での敗北は、民主党が郵送投票を悪用した結果だと大半の共和党員が考えているようだ。民主党の方は次期大統領選で自分たちの票を増やすために中南米からの移民を大量に受け入れている。

これに対し共和党は、大統領選で勝敗を分けた州などで郵送投票のIDによる本人確認を厳しくしたり、有権者登録を厳しくしたりする選挙制度の変更を行っている。これは先の大統領選で本人確認なしの投票や、消印なしの郵送票を民主党が大量に偽造したと見ているからである。各種世論調査によれば、共和党支持層の7~8割が「選挙の不正があった」とのトランプ陣営の言い分を支持していることを示している。

つまり、アメリカでは早くも次の大統領選に向けて前哨戦が激化しているのである。これはアメリカにおける貧富をめぐる格差の拡大で、アメリカ議会が階級間の利害の調整機能を失い、妥協なき対立になっている結果であり、アメリカ民主主義は人種間の対立を激化させながら一層混迷しているといえる。

アメリカの白人貧困層にすれば、もはや選挙制度の変更で、黒人や中南米系の投票を制限しなければ、民主党の支配が続くのは避けられないと見ていることを示している。確かにバイデン政権の移民解禁で、このままでは民主党の独裁が確立しそうな勢いである。

バイデン大統領は当選直後、国内の融和を掲げたが、今のところそれは成功していない。バイデン大統領は共和党の選挙制度改悪を「民主主義に対する前例のない攻撃だ」として激しく非難した。

しかしアメリカの45州で投票制限の法制化の動きがあった。共和党員の多くが「選挙は盗まれた」と見ているのである。民主党が中南米からの移民を解禁して自分たちの票田を増やしているので、共和党の側の郵便投票の規制の動きも激化している。

人種間の対立をはらみながら、アメリカにおける投票権をめぐる争いは次の選挙まで続くのは避けられない。バイデン大統領は今のところこの対立に無策で、この矛盾を解決する政策を持っていないかのように見える。アメリカの対立と分裂は一層深刻化している。
#米選挙制度改悪
スポンサーサイト



コメント

アメリカは泥沼だな

 バイデンは対立を解消する気はないように見えるな。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治