FC2ブログ

分断社会を統合する政策を打ち出せない米国!

バイデン米大統領が就任以来てんてこ舞いだという。バイデン当選の立役者たち、女性や黒人、ヒスパニック、同性愛者などの利益代表団体が、それぞれの要求の早期実現を政権に強く働きかけているからだという。

オバマ大統領の時には「もう少し待ってくれ」といわれているうちに次の選挙になった経験から、今度は圧力団体として法案の策定過程から口出しする決意だという。

女性団体は人事面の女性の登用、「黒人の命は大事」運動(BLМ)は、黒人の有権者登録を容易にする法案、警察改革を容易にする法案、黒人とヒスパニック系への学生への大幅加点で進学機会や就職機会を与える「積極的格差是正措置」法案、ヒスパニック系の中南米移民を認め、増やす要求。性的少数者の「トイレやロッカールーム」で拒否されない、など様々な要求が出ている。

バイデンは、これら支持基盤の要求をはねのける力はなく、受け入れている。このことが白人有権者の不満を高め、トランプ支持を再び高めることとなり、共和党のトランプ化を促すことにもなっている。

つまりアメリカ社会の分断と対立は激化する可能性が高まっているのだ。バイデン米大統領が、アメリカ社会を統合する政策を持っていないことは明らかで、アメリカの白人層の不満は一層高まる可能性がある。不気味なのは米軍内に「テロ崇拝者」が増加していることである。その中には「第2の内戦」を目的にするグループすら生まれているという。

コロナ渦でアメリカ社会では殺人事件が30%も増加している。対立と分断の社会で「第2の内戦」を目的にする武装グループが生まれているところにアメリカ社会の直面する深刻さがある。

バイデン大統領が支持基盤の要求をはねのけ、アメリカ社会の統合の視点から民主化政策と経済政策を打ち出すことが必要なのだが、現在のところその動きは見られない。バイデン大統領が、国家統合から、覇権争いに名乗りを上げている中国との戦争に踏み出す勇気もないように見える。アメリカの社会的混乱は続くとみた方がいい。
#アメリカ社会の分断と対立
スポンサーサイト



コメント

中国がつけあがるのでは

 困ったことですね。習近平の中国がのさばるのでは?アメリカにしっかりしてもらわないと困ります。尖閣を獲られるのでは?

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治