FC2ブログ

強制力のない緊急事態宣言が世界に戸惑い?

世界から見て日本は特殊な国であるらしい。昨日、安倍首相が発表したコロナ対策の緊急事態宣言が強制力を持たないことから世界に大きな戸惑いをもたらしている。

AP通信は「日本はクラスターを綿密に監視し、管理下に置くことで感染者を抑えられると考えていたが、その戦略は感染経路が分からない人たちの増加により失敗したようだ」と伝えた。

CNNテレビは「ウイルスの感染が長期間問題になってきたにもかかわらず、日本は多くの国で見られるような踏み込んだ措置をとるのが遅れた、と指摘した。

CBSテレビは「とられている措置のほとんどは要請だ」と指摘したうえで「日本では罰金などを科すことが認められていないため、周囲の目による圧力を罰則の代わりにしている」と伝えた。

AFP通信は、日本の措置には外出禁止や店舗閉鎖などの強制力はなく、違反者への罰則もないため「欧米での都市封鎖(ロックダウン)とは程遠い」と報じた。

イギリスのガーディアン紙は日本が厳格な措置に踏み切らない理由として「軍国主義時代に起きた国民の権利の侵害や、ハンセン病患者の強制的な隔離といった苦い思い出に起因している」とそのあいまいな措置を説明した。

フランスの公共ラジオは「日本はこれまで、スウェーデンと同様、経済活動をなるべく妨げない方法を採用し、日本人の非常に厳格な衛生習慣に頼ってきた。しかしとりわけ東京で感染の拡大を制御できなくなり、安倍総理大臣はメディアや専門家たちから緊急事態の宣言を強いられた」と報じた。フランスのフィガロ紙は「、緊急事態宣言は、現実には見せかけだけ」と評した。

ニューヨーク・タイズム紙は「日本はこの数か月間、他の国がとっているような厳しい措置をとることなく、感染者を抑えてきたことで世界を当惑させてきた。今回の緊急事態宣言は惨事を避けるのに間に合ったのか、それとも遅すぎたのか、専門家も判断できずにいる。」と当惑気味に報じた。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、緊急事態宣言が「新型ウイルスの拡散抑止に一定の役割を果たすことは間違いないが、その効果と、後遺症については不明点も多い」と論じた。

同じ日本の、緊急事態宣言がこうもバラバラな評価になるのは、日本が他国の人には理解できない特殊な社会であるためらしい。そこには戦争の強権的で軍国主義的手法への強い回避感と、こと衛生については国民の自主的対策しかないとの自立的対応が優先される社会であること、また国民の高い自制心と自主的で高い衛生観念がある。

今回の日本のコロナ緊急事態宣言が試されているのは、日本国民の危機に対する民主的団結心と助け合いと個人の義務感である。軍国主義的な強権的対応がすべてではないことを日本人は世界中に成功的に示さねばならない。それは日本人が軍国主義を心底から克服し、民主主義的な社会力、自制力で世界の戸惑いを、杞憂だったと証明することでもある。

世界が日本に戸惑いを感じるような、コロナ対応策の成否を注目している。日本国民は全世界に感染症に対する、自主的で民主主義的解決策を実現して見せるであろう。
スポンサーサイト



コメント

面白い!

 日本の特殊性は独特です。
危機の時でも国民の自主的自制心で乗り切ってきましたからね。
 せいぜい戸惑わせましょう。
日本人には権力的強制的な方法を取る必要はありません。高い民度がありますから。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治