fc2ブログ

アメリカの最富裕層の所得は2、7倍以上に増えた!

日経新聞によれば、米議会予算局はアメリカの所得格差が拡大している、との報告書をまとめた。
それによると上位1%の最富裕層の所得は過去28年間で275%増加した。下位2割の低所得層は18%の増加にとどまった。
全体の所得増加率は28年間で平均62%だが中間層の6割の人は37%増にとどまり、富裕層の所得が飛びぬけて高かったことが分かった。
日本政府はTPPに参加して貿易の自由化を進める為あらゆる日本のルールをアメリカのルールにしようとしている。これは日本の1%の人の所得を急激に伸ばし、農村や漁村や地方を衰退させ、日本の中間層と低所得者を一層貧困化するものと言えるのである。
日本の工業製品はすでに関税は低いし、円高で価格が上がるので輸出が伸びるのは期待できない。ましてやTPPの交渉と批准徹手続きに今後10年近くかかると言われ、あまり成果は期待できない。
アメリカは日本に入り口で自動車と牛肉、郵貯・簡保の優遇撤廃を要求している。
アメリカでは狂牛病の患者が多くいるが、アメリカ政府はその病名さえ公式に認めていないのである。
危険なアメリカ製食肉が日本で売れるわけもない。日本の狭い道路で大きいアメリカ車が売れるだろうか?となるとアメリカの狙いは食糧と郵貯・簡保の資金、さらには薬と医療・病院なのである。
野田政権は、TPPよりもロシア・インド・ブラジルに目を向ける事が必要なのだ。
今のアメリカは借金まみれで消費購買力は低下している。産業が空洞化しているから自由化で雇用が大きく拡大するとも思えない。
日本がアメリカの商品を必要とするのは戦闘機・旅客機ぐらいである。コメは日本は自給できる。関税をゼロにすれば日本の農村は壊滅するであろう。たった1%の人達のために日本社会を破壊することは認められないのである。
野田首相は、有るべき日本の戦略や国家像を国民に説明もせず、TPP参加でアメリカに媚を売る決定をしたというしかない。
スポンサーサイト



テーマ : TPP反対 - ジャンル : 政治・経済

コメント

No title

本当にいま日本はやばすぎですね。
マスコミが偏った報道するから、民主党はやりたい放題
国会でのやり取りみてないひとは、
中身を知ったら唖然とするんじゃないですかね。

民主党の議員に質問に答えさせるだけで、
野党の議員は何度も何度も同じ質問繰り返して
もう、議論が全然すすまない。
完全に国会が麻痺してますね。
あの状態でTPPを進めるなんて無理です。

しかも、どうもアメリカとはすでに話がついているように思えます。
アメリカはグアムにすでに基地があって日本に軍隊を置いておく必要が無いなんて話も出ていますし。
民主党のバックには朝鮮がいて、どうもそのバックにアメリカがいそうな感じがします。
もうTPPは避けられないんじゃないですかね。

もし避けられるとしたら、アメリカの自動車業界が議会で
日本のTPP参加にストップかけることですかね。
彼らは、日本の制度を変えても日本人にアメリカの車が浸透するか半信半疑だと思います。
ただ、アメリカも大不況で売上は落ちているはずだから、
超円高超ドル安状態で輸出が出来るなら飛びつくかも、あまり期待は出来ません。

ところでコメントが少ないようですけど、
同じような意見や趣味の人のブログとか見たときに
コメントして、足跡というか
URLに自分のブログとかをのこしていくといいそうですよ
私はブログやってないのでそういうことできませんけど

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治