FC2ブログ

コロナ抗体検査の意味する秘めた事情!

最近テレビで政府を批判していた医療専門家などが「コロナ感染症の抗体検査をやるべきだ」と盛んに言い始めた。これが意味することは極めて重大であることを指摘したい。

これまで政府は外出の自粛要請を繰り返してきた。しかもアメリカや欧州で爆発的な感染の広がりが起き、全世界で60万人以上が感染するようになっても、いまだに日本では爆発的感染が起きていない。

これを見て、世界では(1)日本政府が検査をせず放置し、ひそかに集団免疫の形成をねらっている、とか(2)もともと日本の国民がきれい好きで日常的にマスク、手洗いを行っているからだ(3)ウイルスの遺伝子の変異、との3つの説が流れていた。

今回「コロナ感染症の抗体検査をやるべき」との説が専門家から出てきたことは、日本政府が(1)の説、すなわち集団免疫の形成をひそかに狙ってきたことを示すものである。ところが世間には3つの説があり、日本での爆発的感染が起きない理由が実は(2)の説に原因があるのではとの説が強く、抗体検査をやらないと(1)の説(集団免疫の形成)がどの程度効果を挙げているのかわからなくなっているのである。

欧州やアメリカで爆発的感染が起き、日本で起きていない理由も
①ウイルスが変異し、欧米では感染力を強めているという説 
②日本は個人個人のマスク手洗いが徹底しているからだとの説また日本は医療設備や国民の栄養状態が充実しているからだ、
③集団免疫の形成がうまくいったのでは、との説など諸説ある。

そんな中で医療専門家の中から「抗体検査をやるべき」との声が出てきたことは、政府が重症患者以外は自宅で療養させることで集団免疫の形成をひそかに狙ってきたことを半ば認めることである。

自分の犯罪は即座に証拠隠滅する首相が、コロナ感染症だけは「自粛要請」だけで、放置していた狙いが見えてきたといってよい。高齢者がそのことでイタリアのようにたくさん死んでくれれば、政府には願ったり、かなったりの事である。アベノミクスと称して年金資金を株式市場につぎ込んで、多額の損失を出しているのであるから、むしろ高齢者には死んでほしかったのである。なんせ官邸では「コロナは神風」と、「桜を見る会」や「森友問題での公文書改ざん問題」追及から逃れられると喜んだ連中の事である。

ところが不思議なことに日本では爆発的感染が起きない。国民の防御が完璧なのか?それとも日本のコロナの遺伝子が変異前の弱いものなのか?あるいは自分たちがひそかに進めた集団免疫の形成がうまくいったのか?ぜひとも確認したいのである。それにはコロナ感染症の「抗体検査」をやるしかない、という事なのだ。

愚劣な政府が、愚劣な方法で国民を危険にさらし進めた集団免疫の形成がうまくいったのか?それとも欧米では遺伝子が変異し、感染力を強めているのか?、日本国民の衛生的防御効果の結果なのか?政府でなくとも関心が集まるところである。
#抗体検査 #集団免疫 #衛生的防御効果 #爆発的感染
スポンサーサイト



コメント

たしかに愚劣だ!

 国民が対策をきちんとしたから感染者が少ないだけだろう。

ゴールデンウイークも自粛?

 自粛ばかりでなく、政権がイニシアを発揮したらどうですか?安倍さん!
外出禁止2週間でコロナを終わらせたほうが良いですよ。いくら「神風だ」といっても、引っ張るのはよくない。ゴールでウイークが台無しになるぞ!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治