FC2ブログ

政府は中国のスパイ工作に警戒せよ!

中国のスパイ集団がオーストラリアの政治に干渉しょうと、連邦議会に中国系の男性を送り込もうとした疑いがあると現地のメディアが報じた。(11月25日報道)この男性は与党自由党の党員で、南東部メルボルンで車の販売業を営んでいたが、選挙前に中国のビジネスマンの接触を受け、日本円でおよそ7400万円と引き換えに、立候補を持ちかけられたという。

この男性は、オーストラリアの情報機関に相談したが、その後、メルボルン郊外のホテルで遺体で見つかり、当局が捜査を進めているということである。オーストラリアの治安情報局は声明を出し「報道内容にはわれわれが深刻に捉えている疑惑が含まれる」として調査を進めていることを認めた。モリソン首相は「非常に憂慮すべき不安な疑惑だ」として強い懸念を示し、真相の解明を進める方針を明らかにした。

台湾独立を志向する民進党の卓栄泰主席は記者会見で、フェイクニュースの多くは中国発だ、としてさらなる調査が必要だと指摘し「民主主義の敵は中国だ。現在、台湾にとって最も野心的な敵及び競合相手も中国だ」と述べた。台湾の蔡英文総統の与党・民主進歩党(民進党)は25日、来年1月の総統選と国会議員選を前に中国が台湾の政治に介入しているとの報道を受けて、中国は「民主主義の敵だ」と批判した。

アメリカやEUでは、中国が国内の各大学に設置している「孔子学園」がスパイの拠点になっているとして閉鎖が始まっている。ところが日本では大学内に「孔子学園」が増えている実態がある。また中国政府は北海道や新潟等に土地買収を大規模に進め、スパイの拠点づくりが進んでいる。北海道には中国人の大規模な移住計画さえ存在していると言われている。

中国政府が南太平洋やインド洋に面した国ぐにの政治家を買収し、軍事拠点化を進めていることは広く知られている。日本政府は中国人の土地買収を規制すべきだ。日本人は中国では自由に土地が買えないのに、中国人は日本で自衛隊基地周辺などで山や土地や家屋の買収を進めている。しかも買収した土地の税金すらはわわないと報道されている。相互主義が外交の基本ではないのか?

中国のスパイが思うさま活動できるのが日本だ。日本人は中国国内でカメラを向けるだけでスパイ扱いされて、たくさん逮捕されているのに、中国人のスパイは日本では一人として逮捕できない。中国は世界覇権に向け日本占領計画さえ作成しているのに、日本政府の無防備はおめでたいというしかない。せめて日本の各大学にたくさん作られているスパイの拠点となっている「孔子学院」ぐらい閉鎖したらどうか?
#中国のスパイ #民主主義の敵 #中国の政治干渉
スポンサーサイト



コメント

中国の野心は警戒すべき

 中国の内政干渉はすごいです。
他国の政治さえ動かせると思っているようだ。
 警戒に賛成!

たしかに!

 中国の野心は大きいな。
 「中国の夢」は世界支配だからな。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治