FC2ブログ

国連で非武装地帯の地雷撤去提案した文韓国大統領!

韓国の文在寅大統領は24日国連総会で演説し、北朝鮮の「体制の安全」を、国際社会としても保障すべきとの認識を示した。「北朝鮮が誠意を持って非核化を実践していくなら、国際社会もこれに応える姿を見せるべき」と言うのだ。

文在寅大統領は演説で、北朝鮮の安全を保証する具体策として、南北の軍事境界線沿いにある非武装地帯で国際社会が協力して地雷の撤去などを進めようと提案した。将来的には「国際平和地帯」として世界遺産登録を目指すとしている。彼はトランプ大統領が北朝鮮の段階的合意に踏み出すことをおおいに期待しているのだ。

既に韓国政府は、非武装地帯の監視のための軍事施設の撤去と偵察活動を中止している。この大統領はまるで北朝鮮の代理人のようにふるまうのが特徴で、まるで北朝鮮軍の南進のための条件を作るために発言しているかのようだ。韓国の安全保障を大統領が破壊しているのである。

ついこの間には、日本を敵視し「2度と日本には負けない」と発言し、自衛隊機に武器管制レーダーを照射したり、敵対的行動を軍に取らせていたのに、その舌の根も乾かないうちに、今度は日本に「韓国は隣国をパートナーと考えて協力し、アジア全体の共生を図りたい」と国連で語る。

そのくせ徴用工問題には何の手も打たない。日韓関係の発端となった徴用工問題での大法院判決を自分が出させておいて、三権分立を理由に撤回しようともしないのでは、彼の「パートナー」発言を信じることはできない。

月刊誌「選択」9月号の情報カプセルは、釜山地方裁判所の金泰圭判事が韓国大法院判決について批判し波紋を呼んでいるという。金判事は「徴用工判決の問題点について、消滅時効の原則、当該日本企業の債務継承の当否、日本法廷の既判力の否定等理由をあげ大法院判決は法理上問題があると批判した」という。

しかも同誌はこの大法院判決(昨年10月)についての英訳文を、韓国大法院は未だに公開していないという。通常重要判決については2~3カ月で英訳が掲載されるが、未だに英訳文が理由もなく公開されていないという。たぶん法理論的に恥ずかしくて英訳を公開できないのであろう。

こうした無茶苦茶な大法院判決を引き出した文在寅が弁護士出身だというのだから、この人物がいかに詐欺的な人物かがわかる。だから国内では日本批判をやりまくり、国連では「パートナーだ」と恥ずかしくもなく語ることができるのだ。#文在寅 ♯消滅時効 #債務継承 #既判力 #日韓関係
スポンサーサイト



コメント

韓国は反日外交がすべて??

 全くひどい大統領だな!こんな男に踊らされてデモばかりしている国民も国民だ!!信義とか恩義とかの気持ちはないのですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治