FC2ブログ

トランプ・金正恩板門店での会談の狙い!

大阪でのG20の会談の後韓国を訪問の前に、トランプ大統領が金正恩委員長に板門店で合うことを呼び掛けて、会談が電撃的に実現した。

このトランプのパホーマンスの狙いは、同じ時期に米民主党の予備選のテレビ討論会が行われていたことに対し、同じ時間に外交的成果を誇示するパホーマンスであった。トランプは元々テレビ番組を持っていただけに選挙戦術がうまい。

選挙の道具に使われている北朝鮮はそのこともよく分かっているが、そのパホーマンスが続く間経済制裁が続くことはたまらない。そこで北朝鮮側は米朝協議の「期限は年内」といい射程の短い弾道ミサイルを発射してアメリカをけん制した。

トランプ大統領が会談後の記者会見で「我々が重視する長距離弾道ミサイルは、発射どころか実験にも程遠い。そして、もっとも重要なのは核実験がないことだ」と、自分の外交的成果を誇示してみせた。

トランプはまた「金委員長には、全ての事が上手く行けば、北朝鮮は信じられないほどの繁栄が待っていると伝えた」また「制裁はそのままだ。だが、交渉のある段階で解除するかもしれない」と制裁の解除をほのめかした。

板門店での会談で両首脳が、事務レベルでの協議再開で合意したということは、大統領選のための成果を誇示する道具としてトランプは北朝鮮を最大限利用するつもりなのである。

問題は、北朝鮮が核の全施設のリストを公開し、査察に応じるのか?核を全面放棄を決断できるのか?もしこの点をあいまいにしてトランプが制裁解除すれば、国際世論はその合意を欺瞞的と見るであろう。

北朝鮮が「見せかけの成果」で核放棄を逃れつつ、トランプの選挙利用を逆利用して制裁逃れができるかに焦点が移ることになった。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治