FC2ブログ

米中貿易戦争のあおりで韓国経済は危機!

日経新聞電子版によれば、韓国大手企業が中国での生産を相次いで見直している。現代自動車が今春、北京市の工場の操業を一部停止したほか、LG電子も米国向けの家電生産を中止した。サムスン電子は昨年末に生産を停止した天津市のスマートホン工場に続き、広東省の工場でも人員削減の検討を始めた。

韓国の輸出の国別シェアをみると韓国の輸出に占める日本のシェアは2000年には11,9%で当時中国の10,7を上回っていた。ところが2018年には日本は6,1%へ半減し、中国は26,1%へとシェアを伸ばした。韓国経済は中国への依存を強めている。

「朝鮮日報」によると、2018年のファーウェイ(華為技術)向け売上高は、サムスンが8兆ウオン、SKハイニックスが5兆ウオンだった。全社売り上げのそれぞれ3%、12%をファーウェイ1社で占めている。

6月5日、ハリス駐韓米国大使は大使館主催のセミナーで「5G分野で世界は信頼できるシステムを求めている。」「短期的に安い業者を選択した場合、長期的に見れば、リスクと費用が大変大きくなるだろう」と露骨にファーウェイ排除を求めた。

米ニューヨーク・タイズムは6月8日「中国政府が6月4日と5日に世界のIT企業幹部を呼んで、米国の対中圧力措置に同調しないように求めた」と報じた。韓国のサムスン電子とSKハイニックスがこの呼び出しの対象企業だった。

アメリカと中国の双方からの圧力に韓国政府は「民間企業が決めることだ」としているが、これは文政権が困り果てて深刻な問題から逃げていることを意味している。深刻なのはトランプ政権は、韓国の得意な二股外交を認めないであろうことだ。

文在寅政権は、所得主導成長論の失敗で経済政策がいきずまり状態で、打つ手がない状態にある。韓国経済は貿易黒字の縮小でウオン安を心配しなければならなくなっている。ウオン安になるとエネルギー代金等輸入品が値上がりし、外資の引き上げも起こるであろう。

韓国経済の長期停滞の懸念が強まっている。米中貿易戦争のあおりは日本よりも韓国の方がより深刻なのである。文政権がいつまで反日外交を続けられるか見ものである。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治