FC2ブログ

ダブル選に向け解散風が吹き始めた自民党!

自民党のニ階幹事長が「安倍4選」を口にしたが、新聞社の世論調査が4選反対が多かったことから、ニ階の4選発言の狙いが官邸と党の主導権争いから来ていることが明らかとなった。参院選と衆院解散でダブル選の声が出るとニ階幹事長が反対した。ニ階が細野ら野党議員を自民党に入れたことで自民の若手から批判発言も出た。官邸と党の主導権争いが激化している。

安倍首相に近い、荻生田幹事長代行が、景気の動向次第では消費税延期もあり得るとの認識を示し「増税をやめるなら、国民の信を問うことになる」と指摘した事は、安倍首相がダブル選に向け観測気球を上げたと見られた。この発言後自民党内に解散風が吹き始めた。

派閥の会合で伊吹元衆院議長が「誰かの発言で右往左往せず、いつ解散があってもいいように準備してほしい」と発言した。また額田元財務大臣は「衆院議員は、今こそ常在戦場で、夏の参議院選挙をみずからの選挙だと思って取り組むことで、いつあるか分からない衆議院選挙に結びつく。覚悟を持ってやった方がいい」とのべた。

次の参議院選挙は与党が負ける可能性が強い亥歳の選挙だ。負ければ首相の責任となりかねない。また参議院選挙を乗り越えても、10月には消費税増税が控えている。消費税を上げれば景気が悪くなる可能性が高く、そうなると次の衆院選挙を自民は勝つのが難しくなる。だから安倍首相がダブル選を挑む可能性は強いのである。この場合「増税をやめるなら、国民の信を問うことになる」との荻生田発言は、安倍首相がダブル選に傾いていることを示していると自民の派閥幹部が捉えるのは当然で、それが自民党内の解散風となったと見られる。

野党がバラバラで政権の受け皿を作れない状況、とりわけ立憲民主の党首の反対で選挙協力が難しい状況であることも影響している。ダブル選になれば自民圧勝は確実で、そうなれば安倍の4選の可能性も強まるであろう。
韓国政府の様々な反日挑発で日本国民は右傾化しており、これが安倍一強の原動力となっている。
閣僚の失言による辞任も安倍の任命責任になりそうもなく、しばらくは安倍一強体制が続くと見られる。
スポンサーサイト



コメント

ダブル選必至です。

 安倍首相は解散の好機を心得ています。
今がダブル選の好機と思っているように私には見えます。
 おっしゃるように野党がバラバラですからねえ~。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治