FC2ブログ

野田首相の外交政策は疑問?

野田首相の外交政策が知りたくて所信表明演説を読んでみた。
するとそこには日米同盟の深化・発展が書かれているが、激変する諸変化への考慮が無い。アメリカは国家的金融危機下で不況が進行し、もはや対外的関与外交(軍事介入路線)を継続できず、「息継ぎの和平」に転換が確実となっている。大幅な軍事費の削減で同盟国を守る事がおぼつかなくなりつつあるのだ。
TPPへの参加についても、福島原発の事故以来日本製の商品の排除が続く中で、相互の公平な貿易など不可能だ。
アメリカは北米自由貿易圏・欧州はユーロ圏というように世界市場のブロック化が進行している。いわゆる市場の囲い込みだ。日本は、日中韓台の北東アジアに東南アジアを加えた自由貿易圏を急ぐべきなのだ。
日本はアジアにあり、内向きのアメリカに何を期待するのか?アメリカをアジア自由貿易圏に入れればTPPは必要ないのである。
ところがこの外交はアメリカに嫌われた鳩山の外交路線だから、野田は言い出せないのである。
このように野田政権の外交路線には工夫も目新しさもない。
おそらく外交まで考えが及ばなかったのであろう。
アメリカの衰退とロシア・中国の軍事的台頭はアジアの戦略関係を急速に変えつつある。
日本は自分の国は自分で守る決意と準備が急がれる情勢なのである。
いつまでも対米追随一辺倒が通じる時代ではないのである。この面では野田政権の今後に期待したい。
スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治