FC2ブログ

中国の平和時の侵略手法を警戒せよ!

今オーストラリアが中国の静かな侵略を受けている。その手法は(1)引退した政治家を買収で取り込む(2)現職上院議員を政治献金で取り込む(3)中国人留学生(現在13万1000人)を中国学生学者連合会がエージェントにする。中国政府はこうした手法でオーストラリアの政治に影響力を持とうとしているのである。日本の潜水艦買収を潰したのはこうした中国に買収されたオーストラリアの政治家の画策であった。このほか中国は世界各地の大学に「孔子学院」を作り、スパイの拠点としている。

日本に対しては(1)中国人やその会社が南西諸島の島の土地を買収したり、(2)自衛隊基地のそばに美人の中国人女性の飲み屋を開設して自衛隊員から情報収集をおこなっている。(3)また在日中国人女性と結婚する自衛隊員も増えている。(4)日本の大学に「孔子学院」を設けてスパイの拠点にしている。(5)北海道の土地を大規模に買収し、100万人以上の中国人移住計画が進行している。(6)日本にいる中国人は現在約75万人(日本在留の外国人250万人のうち3割が中国人)を超えていると言われている。この中にはスパイのエージェントがかなりいると見られている。

他国では外交の原則は相互主義だが日本はそうではない。日本人は中国では土地を自由に買えないのに、日本では中国人が土地を自由に買えるのがそもそもおかしい。中国人の日本の不動産に対する買収意欲は北海道だけでなく京都でも大規模に進んでいる。中国政府は明らかに戦略的布石として在日中国人を配置していると見なければならない。

戦争状態になれば軍事訓練を受けた在日本中国人部隊が日本を占領する事態もあり得るのである。自国国民に日本をとことん敵視する教育をしている国に、自由に入国を許す日本政府のお人好しにはあきれるほかない。
スポンサーサイト

コメント

日本の多くの政治屋は日本の国土と国民を中共に売り渡したいのでしょう。なぜならば中共が日本の土地を買いまくっても誰も何も法規制しようとしない!これを問題視しない日本の政治屋は与党野党区別なく全員排除するべきである。売国奴め!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治