FC2ブログ

国民が逃げ出す国家の指導者が偉大!?

北朝鮮の避難民9人が乗った小舟が能登半島沖に漂着した。9人は韓国への亡命を希望しているようだ。
人口2000万人余りの国家が100万人以上の軍隊を持てば食糧生産の労働力が日常的に不足しするのは当然だ。
しかもこの国は治山治水もできないので、台風が来れば洪水で食糧がますます足りなくなる。そこで「偉大な指導者」が隣国に「乞食外交」で援助をねだることとなる。とても「偉大な指導者」とは思えない。国民を食わすこともできない指導者がどうして「偉大」なのか?理解できない国だ。
だいたい隣国の民を誘拐し、食糧をねだるような国が「強盛大国」といったところで虚勢でしかない。
この愚かな国を裏で操り、日本と韓国を従属下置いてきたのがアメリカなのである。
これを中国側から見れば、北朝鮮の核とミサイル開発を中国が支援し、米軍を日本と韓国に駐留させて、この2国の軍事力を抑制しておけば、アメリカが引き揚げた時、中国にアジアの覇権が手に入ることになる。
すでにアメリカは国家財政の破たんで戦争を継続する力を失い、「息継ぎの和平」に転換せざるを得ない状況にある。
日本は対米自立し、自分の国は自分で守る強力な自衛力を早急に保持しなければならない状況が生まれている。
いつまでも「憲法9条は日本の宝」とか、非武装中立等とおめでたいことを言っている政党は国民の支持を失うことになるであろう。
アメリカの従属国(日本)が「愛国心」や「君が代」「日の丸」を強制しても始まらない。必要なのは対米自立の国家になることなのだ。
日本の現状も国土が自然災害に打ちのめされている。しかし日本の人民は悲しみをこらえて、逃げ出さずに再建・復興に取り組んでいる。
北朝鮮の民衆は自国から逃げ出さずに、愚劣な指導者の独裁政権を打倒する道を選ぶべきであろう。
スポンサーサイト



テーマ : 韓国 - ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治