FC2ブログ

元特捜検事と検察が被告と原告で対決?

大阪地検特捜部のフロッピーディスク改ざん事件で犯人隠避罪に問われた元特捜部長と副部長と検察との闘いは大いに興味深い。責任を地検幹部のせいにしたい中央検察官僚の責任逃れのような裁判だ。
問題の発端となったフロッピーディスクを改ざんした前田主任検事は、小沢追い落としの筋書きを書き、証人の元社長に違法な司法取引を持ちかけた人物なのだ。
証拠の改ざんの検事が画策した小沢の強制起訴は無罪が決まったようなものだ。
元々厚労省の村木事件は、小沢追い落としの政治事案というべき事件で、違法な事を検事側が行っていたことが明らかとなっている。
我々の関心は前田主任検事を誰が裏で操っていたかである。
小沢追い落としの政治事案が、大阪地検の幹部ではなく中央の検察幹部が絡んでいることは疑いないであろう。
つまり「トカゲのしっぽ」が頭に逆らいだした裁判なのである。
マスコミはこの裁判を「検察改革への実態解明」として報じているが、我々から見れば対米従属故の矛盾なのである。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治