FC2ブログ

米朝首脳会談巡る双方の駆け引き!

中国を後ろ盾にした北朝鮮が南北閣僚級会談をドタキャンし、アメリカにも見返りもなしに核放棄を要求するなら、首脳会談をやめることをにおわせてすごめば、トランプ大統領は米朝首脳会談について、22日「アメリカが求める条件が満たされなければ開かれない」と述べた。

来月12日に開催予定の米朝首脳会談だが、双方から駆け引きの「会談取りやめ」の発言が出てきた。先の北朝鮮の変身の背後に中国の意向があるのは明白で、狙いは韓国の文政権をアメリカ側からはがす狙いがある。北朝鮮はトランプが11月の中間選挙に向けて成果が欲しい点を見透かしており、最大限の見返りを得ようとの狙いがある。

これに対しトランプは「体制保障」に加えて今回は「韓国と中国、日本は北朝鮮を繁栄させるため資金援助をすると言っている」と北朝鮮の核放棄に見返りがあることを示唆した。今後の焦点は北朝鮮の金正恩委員長がこのトランプの譲歩にどのように答えるかであろう。

報道によればホワイトハウス内ではボルトン補佐官を中心に強硬論が強まっていると言われているが、今のところトランプは北朝鮮に譲歩してでも米朝会談を成功させたい意向であるのは間違いない。ただし北朝鮮が中国を後ろ盾としたことで軍事決着の線は難しく、可能性としてトランプ政権が段階的に見返りを北朝鮮に与えて譲歩する可能性が強い。つまり米朝会談の行方は北朝鮮が主導権を維持しつつ進展する可能性が強くなった。

北朝鮮は、日本と韓国は経済援助さえ出せばいい、との考えで最終的に半島からの米軍の撤退を勝ち取るハラであることは明白で、日本と韓国は今後最悪の事態を招きかねないこととなった。イランと違って既に核開発を終わっている北朝鮮が中国を後ろ盾にして話し合いで「果実」を手に入れる可能性が強まった。

トランプ政権が中国を後ろ盾にした北朝鮮に武力を行使する気がないのは明白で、それは米中貿易交渉の中途半端な妥協を見れば明らかだ。トランプの主要な関心が中間選挙にあることも明らかで、トランプ政権は中国・北朝鮮に足元を見透かされているのである。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治