FC2ブログ

南北統一はできるのか?可能なのか?

北朝鮮の金正恩委員長が、軍事境界線のある板門店の軍事境界線を越えて韓国側施設「平和の家」で分在寅大統領と約1時間40分会談した。共同宣言がどのような内容になるのか分からないが、南北統一に向けての言及がされるかもしれない。

軍事独裁政権と資本主義の韓国との統一は、東西ドイツの統一のようにはいかない。これまで航空機爆破やラングーン事件、さらには拉致事件、暗殺事件等まるでならず者国家のような北朝鮮と自由経済の韓国がどのようにして合併するのか興味は尽きない。

北朝鮮の狙いは経済制裁に風穴を開けることではないのか?米朝の会談も大陸間弾道弾は破棄しても中距離弾道弾は核と共に保持し続けるのではないのか?金正恩委員長が「段階的」と言っているのは各段階で経済的援助を見返りとして獲得し、今までのように経済的見返りを得ただけで「ちゃぶ台返し」をやるのではないのか?

個人独裁の奴隷制社会が国際的な中国式「改革開放」をやれば、この政権は倒れる可能性が強い。強力な敵が存在したゆえに(=冷戦構造ゆえに)このような古代的独裁政権が維持できたのである。南北統一は北朝鮮の金正恩政権にとっては自殺行為ではないのか?

あるいは南北統一に向けてアメリカ軍の撤退を迫り、軍事的統一を狙っているのではないのか?という疑いが出てくる。いずれにせよ南北の統一はすんなり進む性質ではない。もし統一がなれば北朝鮮の崩壊もあり得るし、それをきっかけとした混乱が有り得る。北朝鮮が一国2制度の統一で民主的政権に変わるということは有り得ないのである。

トランプ政権にすれば秋の中間選挙に向け成果が得られれば良く、容易に段階論にのる可能性がある。もし半島の統一ができれば、反日の統一政権ができるのだから、日本にとっては厄介な事になりかねない。北朝鮮のアメリカに届く核放棄の見返りの経済援助は日本に出させて、核保有の強力な反日統一政権の誕生は文在寅大統領の持論であり、その実現は北東アジア情勢を一変させる可能性がある。日本にとっては金だけ取られて拉致事件のお詫びも、帰国もない解決になる可能性がある。最もこの統一政権の実現の可能性は極めて低いのであるが・・・。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治