FC2ブログ

野党は憲法御神体をいい加減にやめよ!

日本が戦争に巻き込まれる可能性がますます高まっている。北朝鮮とアメリカの戦争の可能性は高まり、中国の尖閣占領の日程も迫っている。戦争の現実的可能性が高まっているのに、日本の野党(共産党や社民党など)はいつまでも「憲法9条は日本の宝」とばかり、非武装中立をたたえる。

憲法9条は、アメリカ軍がいつまでも日本に居座るために押し付けたものであり、その憲法を御神体のように奉るのは、日本がいつまでも対米従属を続けることであるのに、9条を守ることが党の崇高な目的になっている党がある。「護憲」とはいかにもアメリカに都合のよいスローガンであるかを考えよ。

日本が戦争に巻き込まれないようにするにはアメリカから自立し、防衛力を強化して武装中立の平和主義に転ずるしかない。すなわちアメリカ軍に日本から退去を求めるには、防衛力の大幅な強化なしにはできない。ところが日本の野党は防衛力増強にも反対する無責任ぶりだ。不思議な事に彼らは絶対に「対米自立」を言わない。うわべでは反米なのに、実際には反米ではないのである。

戦争の現実的可能性は切迫しているのに、いつまでも「護憲・非武装中立」でどうやって日本の国を守るのか?説明してほしい。中国軍は本気で日本占領計画を持っているし、北朝鮮は日本攻撃を公言してはばからない。韓国の文政権がいかに巧みに北朝鮮にすり寄っても、トランプ大統領は北朝鮮の大陸間弾道弾は絶対に容認しない。オリンピックを時間稼ぎに利用すれば、半島での戦争の回避は不可能だ。

日本の野党の憲法御神体の観念論では、国民の安全を犠牲にすることになりかねない。あまりにも無責任ではないか?野党は「護憲」や非武装中立から「対米自立」に転換する時が来ている。安倍政権の対米追随一辺倒に対し、野党は対米自立を掲げる時に来ている事を知るべきだ。憲法9条の観念的平和主義をやめにしないと自民・公明の政権は永遠に続くであろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治