FC2ブログ

政府間合意を覆す韓国とは交渉はない!

韓国政府は、大戦中の有りもしなかった20万人の性奴隷問題を世界中に吹聴し、従軍慰安婦の少女像を世界中に建てて、日本を侮辱したあげく3回目の賠償金を支払わされ、しかもその合意を次の政権が覆す、という世界の常識が通じないことが韓国で起きている。驚くべきことに日本政府がそれに怒らず、何らの経斉制裁もできず、日本国の威信を傷つけていることだ。

日韓合意で当時の国家予算の2,5年分の賠償金を支払った、2回目は国民の寄付という形で賠償し、3回目は2年前のパク・クネ政権との「不可逆的解決」を文政権は覆すため「従軍安婦問題の交渉」を調査し、その結果「政府間で合意しても」元慰安婦が受け入れないと問題は繰り返される、というのである。

普通ならここまで虚仮にされたら安倍政権は恥じて総辞職するか、それとも韓国に経済制裁するのが主権国家の最高責任者の取るべき態度であろう。少なくとも韓国大使を引き揚げるべきである。
この国は強請りたかりには異常なほど執拗で、平気で問題を捏造する。従軍慰安婦とは日本軍の高級将校相手の売春婦であったことがアメリカの東京裁判の関連資料でも明らかになっており、朝鮮戦争時の韓国軍が女性を性奴隷とした話を、日本軍向けに捏造したとしか思われない問題なのだ。しかし当時の日本軍が中国やアジアでむちゃくちゃな事をしたので、日本政府はだまされ、3回も謝罪し、賠償金を支払ったのである。

政府間の交渉の末の合意が何度も覆される「ならず者国家」とは4度目の交渉は有り得ない。日本政府は韓国との国交を段階的に縮小して、韓国政府と国民に反省を求めるべきであろう。でっち上げの20万人の性奴隷問題で国家・国民が侮辱を受けているのに、政府が何もできないなら安倍首相は恥じて、辞職するべきだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治