トランプ外交は成功するかどうかは疑問?

世界中の指導者が一線を画すトランプに、安倍首相だけが忠実さを発揮し、日米同盟による対北朝鮮戦略で完全に一致したという。トランプの経済制裁での北朝鮮に核を放棄させる戦略は成功は見込めない。北朝鮮を必要悪と位置づける中国が北朝鮮政権の保護を崩すとも思えない。

日本とアメリカの貿易摩擦は、防衛問題とリンクさせる形で日本がアメリカ製兵器を購入する形で解決するということのようである。韓国もアメリカのミサイル防衛に参加するのであろうか、中国がそれを許すとも思えない。中国は米日韓の軍事同盟に反対しており、韓国を経済制裁でひざまずかせている。

トランプと現韓国政権の文大統領とは北朝鮮政策をめぐって対立する可能性がある。北朝鮮と話し合い路線で核放棄が実現するはずがない。トランプ大統領が文政権にどのような態度をとるのか注目される。

トランプ政権が独裁体制を固めた習近平に、北朝鮮制裁を何処まで迫るのか?習近平がアメリカとの貿易摩擦でどのような譲歩をするのか注目される。

北朝鮮の核放棄でアメリカが見返りの援助を行い。韓国から米軍を引き上げる可能性が出ている。アメリカではそうした解決政策が報道されている。

国内の雇用を増やすためにトランプは北朝鮮とイランを敵視することでアジアと中東で武器を売却することで雇用を増やすというトランプの政策は分かるが、問題は戦略が見えてこないことだ。戦略もなしに空母を3隻集めて軍事圧力をかけるのだから、無責任な大統領なのである。

アメリカ金融資本がトランプの弾劾に向けて動き出したのは明らかで、トランプに残された政策は戦争で議会の支持を取り付けることしかない。つまりアメリカ国内の対立で戦争が始まる可能性が出てきているということだ。

安倍政権は盲目的にトランプ一辺倒を決め込んでいるが、こうしたアメリカ国内の政争をどう見ているのであろうか?世界中の指導者がトランプ政権と一線を画しているのに、日本だけがトランプの無責任な外交に追随する危険を指摘しなければならない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治