トランプ政権は「アメリカ第一主義」を捨てよ!

トランプ政権が国内の成長から忘れられた人々の救済を行うのはいいことだ。だが「アメリカ第一主義」では、アメリカは世界戦略を持てない。外交も満足にやれない。覇権国アメリカは「世界の利益」を大義として掲げるから戦略を持てるのだ。自分の国の利益しか追求しない大国が世界から尊敬され、世界の指導者として敬われるわけがない。

トランプが「アメリカ第一主義」にこだわれば、アメリカの覇権は中国拡張主義に奪われるであろう。「アメリカ第一主義」を掲げる大統領に誰が協力するだろうか?欺瞞でもいい、アメリカは世界経済の成長、世界の大義を掲げるべきだ。そのことと軍事介入を控えることは矛盾しないのだ。アメリカ経済が「息継ぎの和平」を必要としていることは理解できる。だがそれを「アメリカ第一主義」と表現するのは間違いなのだ。

トランプ政権は「アメリカ第一主義」「保護貿易主義」と言いながら、アメリカのドル支配に攻撃を加えている。これはアメリカが世界通貨のドル発行益と、貿易黒字国に国債を売却することで対価なしに貿易黒字国を搾取する仕組みをトランプが全く理解していないことを示している。

このままではアメリカは巨大な軍事力を維持できなくなるであろう。どの先進国も世界市場に依存しているのに、保護貿易主義ではアメリカは同盟国を全て失う可能性がある。これは世界の覇権を狙う新興の社会帝国主義の中国には願ってもないことなのだ。

トランプ政権の「アメリカ第一主義」が世界のブロック化を促し、一極支配から世界の多極化を促し、世界は軍事力による国境線の変更の時代を迎えたことを指摘しなければならない。トランプ政権の「アメリカ第一主義」は百害あって一利なしなのである。トランプ大統領は、選挙の宣伝と世界戦略を区別する時だ。
スポンサーサイト

コメント

政治家でないのが災い。

 トランプは政治家ではありません。政治家なら公約など捨て去るのに、彼は捨てられません。これが災いしています。おっしゃるように「アメリカ第一」を捨てないと外交は出来ないです。協調など出来ません。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治