FC2ブログ

北朝鮮もアメリカもトップが何をやるか不明!?

北東アジアが北朝鮮の国連決議違反の各ミサイル開発で振り回されている。韓国は留保していた高高度ミサイル防衛の配備を認めた。日本はアメリカ製の一基800億円の地上イージスを2基買うことに決めた。アメリカ政府が武器の購入を求めたからである。

アメリカの核の傘が本物なら、ミサイル防衛ミサイルをさらに配備する必要があるのか?と疑問に思う。日本はイージス艦を8隻体制に増強中だ。地上イージスはアメリカの貿易赤字を削減する意味しかないのではないのか?

北朝鮮の金正恩委員長は就任後約200人も親族や部下を暗殺している。だから緊張状態が継続しないとこの政権は持たない。ゆえに核・ミサイル開発で緊張状態を作りだしている。平和だった北東アジア(韓国と日本)はミサイル防衛増強で多額の武器を購入しないといけないことになった。迷惑この上ないことだ。

アメリカのトランプ大統領も人種差別主義者を支持して国民の分断と対立を煽っているように見える。2つあった助言機関が解散し、ますますトランプの暴言や誤った方針が、スタッフによって修正されない事態となった。世界の覇権国が保護貿易主義で同盟国と対立し、貿易の縮小を推進する。これではアメリカの覇権(ドル支配)を攻撃しているに等しい。

米共和党のコーカ―上院外交委員長は、トランプ大統領が大統領として成功するのに必要な「安定感と能力を示せていない。」「この国の本質」さえも理解できていない、と痛烈に批判した。トランプはその支持基盤である共和党の支持すら失いつつあるように見える。

急速に凶暴性・拡張主義を強めている中国社会帝国主義だけが野心をむき出しにして軍事的暴走を始めている。インド国境で、東シナ海で、南シナ海は侵略の軍事拠点化されつつある。この地球上で最も危険な中国の指導者は「腐敗」の名でライバルを蹴落とし、陥れて独裁体制をますます固めている。

世界の趨勢は独裁政権が軍拡で力を増し、民主主義の国は国内的分裂で急速に衰退する趨勢にある。世界は急速に流動化し、多極化しているのである。日本は対米自立目指し、自分の国は自分の力で守れるようにしなければならない。独裁政権の側と民主主義の側への世界の分裂は、大戦前の政治情勢と極めて似てきているのである。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治