大学のパワハラは拡大するばかりだ!

新世紀ユニオンに大学の先生からの相談や情報提供が増えています。相談内容は同僚の先生から「学生への授業に問題がある」などとでっち上げの理由で大学幹部から「授業をするな」と命令された。被害を受けている先生は何が起きているか分からず。したがって弁明もできない。いつの間にか研究を妨害され、授業から外され、学外への講演も禁止される。

こうしたでっち上げの陰謀がまかり通るのは、大学の幹部の質が低下し、うその訴えを見抜けず、でっち上げのパワハラにすぐだまされ、調査もせず、弁明の機会も与えず、いじめに加担するからである。こうして日本の大学から優秀な先生たちが今多く追い出され、バカな陰謀家の先生たちがのさばる事態を生みだしている。

新世紀ユニオンが把握しているパワハラ大学は金沢大学・岡山大学・広島大学・愛媛大学・兵庫医科大学・甲南大学・旭川大学である。こうした大学では教授や準教授が競争相手の優秀な先生を学生に訴えさせ、あるいは学生や大学幹部に等に根回ししてパワハラや、様々な理由をねつ造し、指導の不備をねつ造して、研究を奪い、活動基盤を奪い、任期制や期間契約を利用して追い出している。

問題はこうした捏造のパワハラで地方の大学でまともに研究ができなくなっていることだ。学問の自由・研究の自由が侵害される事態はまさに「亡国の大学」というしかない。文科省は研究費の削減から研究は東大など基幹大学だけに絞り、地方大学は資格を取る職業専門大学にしようとしている。これは愚劣としか言いようがない。

日本経済の発展、工業立国・科学立国から見ると研究の多様性は維持しなければならない。記憶力と分析力や創造力は別であることは東大がノーベル賞受賞者が少ないことを見れば明らかだ。世界的に有名な青色発光ダイオードを発明したのは徳島大学工学部を卒業した中小企業の研究者の中村修二氏であった。日本の科学立国は地方大学における研究の自由・学問の自由が保障され、研究費も保障されなければならない。地方大学への予算の削減が競争のように陰謀でライバルを蹴落とす事態を全国で引き起こしていることを指摘しなければならない。

大学における陰謀や捏造によるパワハラを法律で禁止して、学問の自由・研究の自由を誰であっても妨害できないようにしなければ、日本はこのままでは滅びるしかないであろう。
新世紀ユニオン執行委員長 角野 守 (かどの まもる)
スポンサーサイト

コメント

研究不正とハラスメントばかり

国公私立問わず、学部とわず、大学の研究室はより上位の立場にある教員、研究者にる研究不正とハラスメントばかり。大学も不正やハラスメントする側を守る。下位の教員や院生、ボスドクは研究界から追放される。

日本の大学からの研究論文の質や数は、今は先進国最下位。日本は劣化しているが、大学は研究不正やハラスメントを改善しようともしない。改善するはずもない。なぜなら不正やハラスメント加害者自身だから、黙って逃げ切る世代と腰巾着しか大学に残っていないからと言っても言い過ぎではあるまい。

「研究不正が組織的に隠蔽されて捏造ラボが居座って巨額な研究費や人事権を独占し、
優秀で誠実な研究者は研究の世界から去り、
ハラスメントとデータ捏造が蔓延する研究職はますます魅力を失い、
優秀な若者の大半が博士課程へ進学しなくなり、
質の高い論文が出せる質の高い研究者が育っていないからでは?」
https://twitter.com/scitechjp
https://twitter.com/scitechjp/status/876469561779830793

「研究不正:おこってしまってからの対応と、起こってからいかに真摯に対応するか」
http://mitsuhiro.exblog.jp/

大学の現状をこさえた方々?が、今更、何を言っておられるのか。

日本は自滅した、と言われる日も近いかも?

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治