文韓国政権が北朝鮮に会談を提案した狙い!?

核開発とミサイル開発を国連決儀に違反して進める北朝鮮に、あろうことか韓国の文政権が軍当局者の会談と離散家族再会の会談を提案した。

韓国国防省は、南北の軍事境界線での緊張を高める敵対行為を互いに中止するため、軍当局者による会談を今月21日に提案することを北朝鮮に提案した。また韓国赤十字社は、おと年から行われていない南北離散家族の再会事業を議題とした赤十字会談を8月1日に行うことを提案した。

北朝鮮が核開発とミサイル実験を止めないまま、無条件で話し合いを提案することは軍事的脅威に直面する日本人には理解出来ない裏切りである。文在寅韓国政権は北との南北統一で核保有国となった統一政権が日本に報復の戦争を仕掛けることを念願にしている反動的政権であるので、話し合いはおかしなことではない。

文在寅韓国政権は北の核保有をむしろ歓迎しているのであり、アメリカや日本政府は始めから文政権に虚仮にされているのである。文在寅韓国政権は中国へもすり寄りを強めており、経済的利益を中国からも日本やアメリカからも得ようとしている。彼はその為には前政権が結んだ日韓合意など破棄することも辞さないであろう。

アメリカのアジア支配のカナメである米日韓軍事同盟は文在寅韓国政権にはじゃまでしかないのである。文大統領の両親は北朝鮮出身であるので、言わば北朝鮮擁護の政権なのである。アメリカのトランプ政権が「アメリカ第一」を掲げているので文政権の中国・北朝鮮すり寄りも露骨になっている。

日本は、将来韓国が中国や北朝鮮と一体となって日本に戦争を仕掛けてくる事態も覚悟して、防衛力の増強を進めておくべきであろう。なぜ韓国人が日本に憎しみを抱くのか日本人には理解出来ないことで有るが、相手は憎しみを、たとえデマであろうと高めれば金になると、経験で成功体験を持っているところが厄介なのである。

韓国の欺瞞の政治に振り回されず、日本は本気で防衛力を強化するしかないことを指摘しなければならない。
スポンサーサイト

コメント

日本の指導者には、いい加減本気で国防を考えて欲しいものですが、習近平や金正恩のケツの穴を舐めたがる売国政治屋が徒党を組んでウヨウヨいるのが現実なのですよね。本当に大丈夫か?日本!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:政治